痛くない体のつくり方 姿勢、運動、食事、休養 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.73
  • (5)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 83
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334038786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日常に体のケアを組み入れていく為のヒントが書いてある本。
    意識しながら自分のケアしたい部分を取り入れていくというやり方を教えてくれる。

  • すべてではないけれど、いろいろと試してみたいことが書かれていました。おすすめ。

    払ってもいい金額:1200円

  •  からだの注意信号について、ツボや運動、食事についていろいろ方法が書いてあり贅沢。
     だが、根幹となる思想がないと判断が難しいというか……情報量が多すぎてうわーってなる。
     なんとなく、ワンマン社長のビジネスノウハウに通じるような、何か根幹となる思想の説明はなく、ツールとなるものをたくさん紹介されている気がする。
     日頃、情報が少ないと思うことはあっても、多すぎると思うことがなかったので少し驚いた。

     この本に関しては、索引がついていると便利だなぁと思った。
     こんな時はこうしなさい!的な。
     あと、納得するまで病院は回った方がいいってことを覚えた。怖い病院が多すぎる。

  • 簡単な身体の整備の仕方。
    とても興味深い。

  • 姿勢を正す。生活を正す。

  • 今までのまとめのような一冊。

  • 帯表
    今日からできる対処法から、現代の養生作法まで

  • 効率第一、日々多忙な勤労世代、とくに漢方とか鍼灸などを敬遠してあまり近寄らない男性をターゲットにした養生入門。
    姿勢の矯正の部分は、正直言って文章で読んだだけではなかなかわからないような気がするけれど(といっても、私自身は腰痛肩こりなどとは無縁、姿勢の問題はなさそうなのでいいのだけど…)、食養生を始めとした生活の見直しで体調を保つ方法、漢方的考え方の基礎などをコンパクトにまとめてくれているのはありがたい。

  • どんなに心が強い人だったとしても、一定以上の負担があかかると必ず心にいt身を感じて心は壊れてしまう。

  • 鍼灸師をされている、若林理砂さんの新著。素晴らしいの一言。

    ペットボトル温灸や爪楊枝針を用いた養生法、ニュートラルな姿勢の説明、食事や睡眠、心のあり方など、普段の心がけで自らを楽にできる方法が細かくわかりやすく書かれている。

    特に姿勢の話は、いつも講習などで話していることをとても具体的に示してくださっていて、「なるほど、こう言えばいいな」と思うことがたくさんあった。読んでいて、アイデアが湧いてくる。

    すぐ手に届くところに置いておき、何度でも見返したくなるような本でした。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

臨床家・鍼灸師。1976年生まれ。高校卒業後に鍼灸免許を取得。早稲田大学第二文学部卒(思想宗教系専修)。2004年に東京・目黒にアシル治療室を開院。現在、新規患者の受け付けができないほどの人気治療室となっている。古武術を学び、現在の趣味はカポエイラ。著書に『東洋医学式 女性のカラダとココロの「不調」を治す44の養生訓』(原書房)、『安心のペットボトル温灸』『大人の女におやつはいらない』(夜間飛行)、『その痛みやめまい、お天気のせいです――自分で自律神経を整えて治すカンタン解消法』 (廣済堂出版健康人新書)、など多数。

痛くない体のつくり方 姿勢、運動、食事、休養 (光文社新書)のその他の作品

若林理砂の作品

痛くない体のつくり方 姿勢、運動、食事、休養 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする