慢性病を根本から治す 「機能性医学」の考え方 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.80
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334038861

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日に当たるとビタミンDが合成されるために花粉症が治まるというのは面白い。本書の内容が代謝系などの話で素人には内容が難しい。

  • 三葛館新書 493.1||SA

    本書で紹介される機能性医学とは、治療薬に頼らず病気の根本的な原因に立ち返って慢性病の完治を目指す米国発の新しい医療です。たとえばストレスによる睡眠障害やうつ病のような精神的な疾患に対して、まずは栄養バランスの偏りを見直すことからはじめるのです。睡眠の整え方など自分自身で行える健康法が多数紹介されていますので、ぜひ本書を読んで健康的な新年をスタートしましょう。
                                  (ゆず)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=83264

  • 機能性医学というのは今までの治療薬に頼った医療から根本的な原因から改善していこうとする新しい医療。

    医療の最先端といも言える内容だが、要は生活習慣をしっかり見直しましょうということ。

    東洋医学における未病、もしくは日本における養生という考え方に西洋医学が近づいてきたという感じがします。

    食事に関してはやはり糖質制限というのは大きなキーワードになってますね。

    機能性医学は今後ますます注目される分野になると思います。

    面白かったです。

  • 早く健康体に戻りたい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

医師。現在、日本機能性医学研究所所長、一般社団法人日本ファンクショナルダイエット
協会副理事長、サーモセルクリニック院長。

「2017年 『イラスト図解一番わかりやすい糖質と血糖値の教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

慢性病を根本から治す 「機能性医学」の考え方 (光文社新書)のその他の作品

斎藤糧三の作品

ツイートする