ローカル志向の時代 働き方、産業、経済を考えるヒント (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
2.56
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334038915

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これといった目新しさは感じなかった。
    メディアで取り上げられている徳島県神山町などの具体的事例を挙げつつ、アカデミックな内容もちりばめている印象。

    ヒントとあり期待したが、この本からピンとくるような着想は得るのは難しいように思う。

  • 体系的な分析がしてなくて、残念だった。
    研究者の人なのにこれでいいのか。
    自分の好きなところをまわって、こんなのもこんなのも良いよねって言ってるだけのように感じた。
    視察先探しとかには資料として使えるかもしれない。
    波佐見やマイセン紀行をしているあたり、焼き物好きな人なのだろう。

  • 世代によっていろいろ考え方が違うのだろうと思いました。就職氷河期より下の世代は本の内容に同意するのではないでしょうか。

  • もうちょっと頭が柔ければ、素直に読み込めたと思う。
    地域の時代だけど、どうゆう価値基準で社会を見るかが問われている。そういう意味では意欲的な書籍。GNH(ブータンの二面性はこないだNewsweekが掲載済み)でもローカル志向でもいいけど、地域で生きる人がアイデンティティを保てるような価値観が生まれることを願う。

  • 請求記号:601.1/Mat
    資料ID:50081136
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

大阪市立大学大学院創造都市研究科准教授。1975年、京都市生まれ。大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(経済学)。島根県立大学講師、准教授を経て現職。専門は地域産業論、地域社会経済。現場でのヒアリングや対話をとおして、地域産業や地域経済のあり方を研究。著書『創造的地域社会』(2012年、新評論)、『ローカル志向の時代』(2015年、光文社)など。

「2016年 『ローカルに生きる ソーシャルに働く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ローカル志向の時代 働き方、産業、経済を考えるヒント (光文社新書)のその他の作品

松永桂子の作品

ローカル志向の時代 働き方、産業、経済を考えるヒント (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする