人間を磨く 人間関係が好転する「こころの技法」 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.96
  • (23)
  • (24)
  • (17)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 320
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間関係を好転させるためにはどのようにすればよいかという本。

    人とのやりとりの技法など、テクニカルな小技の紹介ではなく、自分がどのように人生に向き合えばよいかという、大きなテーマで書かれている。

    自分に非がない、完璧で統一的な人間を目指すのではない。

    ・自分の非を見つめ(それはなかなか治らない)、皆の前でも認める。
    ・人と関係がこじれた時こと、自分の心の中で相手との関係を閉じず、相手に心を開いていることを示す。
    ・人は言葉の影響力に大きく影響されている。人の悪口を言うとどんどんその人のことが嫌いになっていってしまう。なので、嫌いな人ほど相手の良いところを見つけ、日記などに書きだしてみる。
    ・自分の中のエゴを見つめられることで、心の鏡に曇りがなくなる。自分の姿、他人の姿、物事の姿が曇りなく見えてくる。

    確かにこれができていると、人間としてしっかりしていて皆にも認められそうだなと思う。

    考え方としてはうなづけることがたくさん。
    ただ、行動に移すのは生半可な気分じゃできない。

    意識しながら、できることからやっていこうかなと思う。

  • 田坂氏の新刊。
    すぐに買いに行きました。
    すごい作品。
    生きる道標になります。
    しなやかな心で、自分を磨きます。

  • 名著。著者の中でも最高峰。

  • 古典から学ぶべきは「かくあるべし」という「理想的人間像」ではなく
    いかにして成長していくかという「具体的修行法・心の置き所」

    捨て去ることも消し去ることもできない「小さなエゴ」に処する
    唯一の方法は「ただ、静かに見つめること」

    「非や欠点もある未熟な自分を抱えて生きる」という視点で
    「人間を磨く」意味と具体的な七つの技法を語る

  • 人格を磨く参考になる本です。

  • 本の内容は大変に素晴らしい。少しずつでも実践できたらいいな、というかやるべきだなと思う。
    七つの心の技法があげられているが、どれにしてもまだまだ未熟すぎる。日々鍛錬だなあと。

    本書の内容をうけながら、いま自分は仕事で社会とつながり、日々学び続けられる環境があることがとてもしあわせなことでもあるなと感じた。
    年をとってもこういった環境をどう維持して行くかも考えるのはとても大切だなと。

  • とても仏教的な内容。心の持ちようなど、参考になりました。

  • 著者の経験をもとにまとめた人間関係を好転させる技法をまとめた本。
    偉人、聖人が成し遂げる、いわば悟りのような内容ではなく、人は弱いという前提で、そのうえでどうすべきなのかまとめている。内容としては技法というよりも考え、哲学に近い。
    こういった本は「読むタイミング」というものがある気がする。そのため今はあまり響いていないが、おそらく5年くらい前の「あの時」に読んでいたら、また違ったのだろうな

    ●メモ
    ・古典を通じて我々が学ぶのは登るべき高き山の頂だけではなく、山道の登り方、心の置きどころである
    ・我々にある「小さなエゴ」の対処は「ただ、静かにみつめること」である
    ・非を認める、感謝すると、そこには素晴らしい人間関係が生まれてくる
    ・自分の非や欠点を素直に認める
    ・人間に長所、短所という考えはない、個性である
     たとえば発酵、腐敗の違いは何か。これは人間に有益なものを発酵と呼び、有害のものを腐敗と呼ぶ。これと同じ
    ・嫌いな人を誉めることから始める。本人の前でなくてもよい。誉めるということは、否定的な気持ちを浄化していくことに繋がる
    ・人間の賢さは「人と心が離れない」ではなく「離れた心もいつか和解していく」こと
    ・相手との関係を絶たなければ、人生は時折素晴らしいプレゼントを与えてくれる
    ・出会いに正対すること。人間関係がおかしくなるのは「正対」できていないから
     

  • 『知性を磨く』に続いて、本書を読んだ。
    全体としては、『知性を磨く』の方が得るものが多かった。といってもそれは著者の言葉を借りれば、知識として得たに過ぎず、智恵にはなっていないのは分かっている。
    しかし、本書を読んで、『人間を磨く』ということに関して、心がけていることが、著者のメッセージと大きくは異ならなかったから、得るものが少なかった訳だが、それと同時に安心もした。
    ダイヤはダイヤでしか磨けないように、人間も人間でしか磨けない。だから、人間との格闘を通して、磨くしかない。そこで磨かれるのは、心の鏡である。この鏡のくもりがなくなれば、社会の、物事の、人間のありのままが見える。
    それは、仏法で説く、成仏の境界に通じる。

  • 相手を好きになろうと思う。
    上司は大変だと思う。
    部下は楽だと思う。
    出会いは大切。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

多摩大学大学院教授

「2018年 『深く考える力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間を磨く 人間関係が好転する「こころの技法」 (光文社新書)のその他の作品

田坂広志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アーノルド ベネ...
佐々木 圭一
村田 沙耶香
デール カーネギ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

人間を磨く 人間関係が好転する「こころの技法」 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする