すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
4.01
  • (54)
  • (103)
  • (34)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 733
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何かに没頭すること。没頭する何かを見つけること。それが一番大事だ。
    簡単なことだと筆者はいう。私も簡単だと思っていたが、実は見つけられない人が大勢いることを知った。
    それはやはり、学校や親に洗脳されているからなのではないかと思う。学校の勉強以外のことに興味を持つことは悪であるという洗脳。
    これを抜け出すには、まずは洗脳に気付くこと。そして少しずつ現状からは見だしていくことなのだろう。

  •  本書のタイトルは,なんとも刺激的な題名である。
     教師である私にとっては,それこそ,死活問題になる話である。もし,私のやってきたことが「洗脳」ならば,オウム真理教がやってきたことと,なにも変わらないことになる。
     それは本当か?
     言いすぎではないか,ホリエモン!
     が,しかし,私は「今の教育はそのままでいいのだ。ホリエモンよ,お前の言っていることはおかしいぞ…」と反論することは,まったくできない。ホリエモンの意見に同意してしまう自分がいる。
     ホリエモンの言うとおり,今の日本の教育は,明治から全く変わっていない。あの悲惨な戦争を経験し,日本を支配していた教育勅語は廃止された…といっても,日本人の本筋の所は全く変わっていない。
     子どもは未熟だから,社会に出たときに困らないように「適応させる」必要がある。だから,そのために「今は我慢させて」でも,道徳をはじめとする学校教育の「枠にはめる」のだ。
     そして,はみ出した子には,学校での居場所は保障されない。ましてや,学校を拒否して生きることは,相当のエネルギーが必要になる。かくして,子どもたちは,まるで金太郎飴のように,均一化されて学校を出て行くのだ。

     こんな社会にだれがした…。子どもたちこそ,次世代を担う新しい社会の作り手ではないか…そうホリエモンは言いたいのだろう。

     が,しかし,子どもたちは,成長して,新しい社会を作っていくだけではなく,ある程度は既存の社会に合わせていく力も必要であることは論を待たないであろう。たったの1人で社会を作ることは出来ない。ある程度のその社会を支配する道徳や学力(一般的なもの)もないと,友と一緒に社会を変える力さえも発揮できないかも知れない。

     今の教育は,余りにも均一すぎるし,子どもの興味関心を無視しすぎているという指摘には,大いに賛成するが,だからといって,公教育をすぐに廃止するわけには行くまい。
     いや,公教育があってこそ,人権感覚も身について来たのだという過去の歴史もある。「ヒトは教育によって人になる」というのも,あながち的外れではないはずだ。

     教育界に,もっと自由があれば,教師ももっとゆったりとできて,いろんなタイプの子どもたちともゆったりとつきあえるはず。

     ま,学力テストで1位だ2位だといっているようでは,今の学校には,まったく期待できないね。
     
     いろいろと教育について考えるキッカケとなる本でした。

  • 無意識のうちに思考は固まっている
    まず、気付くこと

  • アクセルを踏みながら、ブレーキをベタ踏みしてエンストを起こしている人が多い。そんな人がブレーキの外して、自分の好きなことにはまり、遊び・学び・仕事を三位一体で行っていくべきということが書かれていた。嫌なことを我慢するというマインドセットは学校での勉強や会社での仕事でついてしまうという。自分の経験を振り返ってみても、心当たりがあった。
    一方で、はまるという経験の心地よさもわかる。小さいことでいえば、虫取りであるし、少し大きくなってからも漫画を大量に読むことがあった。それが、社会人になってからあまりできていないように感じる。周りの人で優秀だなと感じる人、人材として価値があると思われている人は、その時々で何かにはまっている。
    何かをしたいというときに、できない理由を探すのではなく、とにかく一歩踏み出してみる。本を読む、人と会う、旅をする、なんでもいい。自分が楽しいと思えることをその瞬間にする。好きと思えることでないと、頭に入ってこないし、生き抜くためには情報が大事なのだから、思い切り良くアクセルをベタ踏みするという生き方をした方が"将来”を考える上でもいい。そして、なにより”今”この瞬間が楽しくなるはずだ。

  • 学校や会社に縛らるのはばからしい。逆算せずに、自分の好きなことにとことんはまれという堀江さんの主張は、何かに没頭していない自分には耳が痛い。

    没頭は、頭を使って結果到達するものといった視点は自分にはなかった。

    次同じ感想を書くことがないようにこれから一歩を踏み出そうと思う。

  • 大切なのは自分が求めるがままに没頭すること。
    分かる気がする。

  • 教育機関の工業的な役割や、要素タグと自分のやりたいことの合致の意義などうなづける点が多い。
    自分はG人材でいたいとおもった。

  • 工場労働者を生み出すための教育…本書の内容とは関係ないかもしれないが、トランプ政権を生み出した原動力は、同じくアメリカの教育によって形成されたその労働者階級が働く場所をなくした怒りであるとの説を読んだのを思い出した。その説を日本にも当てはめるのであれば、おそらく日本でも既存の想定からはみ出し始めている労働者達が数多くいるわけで、その怒りの矛先が変な方向に向かわないうちに、教育の洗脳から自由になれと訴える作者の論説はいかに時機にかなっていることか!私のような小心者は規定のレールからはみ出す勇気がないけれど、それでも過去を振り返り、進路の折り目での決断を顧みるに、「そっちに行ったら(学力が)もったいない」とか「潰しがきかない」とか、随分と後ろ向きな理由で自分の「やりたい」を封じ込めた気がする。今からその封じ込めた気持ちを一つづつ掘り返して、「やっぱりやってみたい」を見つけたくなった。

  • 信者になりそうな勢いで堀江貴文さんの著書を拝読しています(笑)

    受けてきた義務教育をボコボコに否定しているのかと思いきや、教育の歴史・概念・国の意向と他方から分析し、日本の教育を紐解いています。

    学びの本質とは何か?

    考えさせながら、やっぱり本質をついているなぁと読ませていただきました。

    教育に触れるすべての人たちへ。

  • 「『学校なんていらない』『学校教育の洗脳を解くべき』と考えている著者。では、本当の『学び』とは一体何なのか、、、?」

    言っている事は正しいと思うし、考え方は大筋では賛成。

    ただ「学校」というシステムが全て無くなってしまうと、義務教育が受けられない子供が出てくるんじゃないかと不安になる。

    読み書きや簡単な計算等は現在のように税金で平等に習得できて、かつ「地毛だろうと茶髪は校則違反だから黒髪に染めなさい」みたいなのが無くなれば良いのだけれど。

全91件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1972年福岡県八女市生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」は1万数千人の読者を持ち、2014年には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタート。『ゼロ』(ダイヤモンド社)40万部超、『本音で生きる』(SBクリエイティブ)、『多動力』(幻冬舎)など30万部超のベストセラーがある。

「2018年 『英語の多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)のその他の作品

堀江貴文の作品

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする