すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.97
  • (73)
  • (130)
  • (57)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1028
レビュー : 128
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "学校の原点は、工場労働者の育成期間である" ─学校生活を送ってきて、このように感じたことは無かったと思う。でもそれってつまり「学校」に洗脳されてたってことなのか?
    私は比較的どの教科もそつなくこなしてきた方だった。今努力することがいずれ将来につながるとぼんやりとした未来像を描いたまま。でもその結果今「これがしたい」と断言できるものが見つからない。"ただ敷かれたレールを歩く労働者"という言葉がぴったり私に当てはまっているような気がして、焦る。
    「自分のやってきたことや、すでに持っているものから「やること」を決めてはならない」
    この言葉はかなり励みになった。
    まずは自分の「これがしたい」「これが好き」をちゃんと見つめてみようと思う。自らの行動は常に動機が先にあるようにしよう、そう思い直すきっかけとなった本。

  • G人材とL人材

  • 自分の今のちょっとした生きづらさのようなものの原因が学校にある、とスパッと整理できたのが大きな収穫だった。
    これから子どもをどう育てていけばいいか、最近はそのことにしか興味がない。自分はまさに学校教育の洗脳を受けて、いまだその洗脳が解けず、従順さに磨きがかかっている状態。しかし、子どもは環境や親の姿勢で洗脳されない状態にすることはできるかもしれない。学校教育や中学受験、大学受験文化がそのような洗脳を作っている気もする。自分の子どもには他と同じような道を進ませるのではなく(他人がやっているからうちも、というように中学受験をさせ、難関大学に進ませるというような普通の道ではなく)どこか尖って、他とは違う、大多数の子どもが進む道とは少し違う道を本人の興味関心に合わせて選んであげることも大切だろう。禁止令が本人の没頭する力を奪っていることを肝に銘じなければならない。そして、客観的な評価(偏差値や学校名)ではなく、本人や家族としての主観として幸せに生きていくにはどのような部分で力を伸ばしてあげればいいか、を真剣に考えたいし、見極めてあげたい。

  • 幸せに生きるために、自分を知り、最初の一歩を踏み出すのにどうしたらいいかを「教育」という視点で述べられている。

    日本の学校教育の影響により植えつけられた常識を指摘して、前に進むべきと思っていても動けない原因が何かを追求し、その人に向けて背中を押してくれている。

  • すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論
    2017/3/16 著:堀江 貴文

    旧態依然とした学校教育の中で、日本人は洗脳されている。やりたいことを我慢し、自分にブレーキをかけ、自分の可能性に蓋をすることを推奨する恐ろしい洗脳が、白昼堂々なされているのが今の学校である。

    本書の構成は以下の5章から成る。
    ①学校は国策「洗脳機関」である
    ②G人材とL人材
    ③学びとは「没頭」である
    ④三つの「タグ」で自分の価値を上げよ
    ⑤会社は今すぐ辞められる

    本書はホリエモンだからこそ書ける本である。
    学校に属した経験があるも彼のいう「洗脳」を受けていない。そして「洗脳」を受けずに多くの実績をあげた彼だからこそ声高々に「学校は洗脳機関」であるというガソリンをたっぷり含んだ脱脂綿のような火気厳禁の言葉を振りかざすことができる。

    著者がいうことの多くは理解もできるが私もそうなろうとは思わない。著者の本の多くは意見として学ぶ気持ちで読めば多くの気づきがある。受け入れるか取り入れるかは置いておいてもさすがと思うことは多い。

    実績をあげている人の言葉には説得性がある。
    おもしろいことをいうすごい友達という感覚で考えには触れ続けたい。

  • G人材 グローバル
    L人材 ローカル
    N人材 ナショナル

    堀江さんが言うような、すぐに行動に移すこと自体は、難しいけれど、
    新たな気づきや視点、自分に得るものは、たくさんありました。
    同時代に生きて、発信していてくれて、ユニークで関心です。
    いつも興味深い解釈、ありがとうございます。

  • ある程度タイトルから予想できる内容。
    国家という幻想を消し去る。というような話が1番腹落ちした。
    国よりもAmazonとかGoogleに期待してしまっている。
    その通りだなと。

  • とても参考になった。

    以下、キーワード抜粋。

    やりたきゃやれ。
    それを制限してるのは我慢しているのは自分。
    我慢が美徳だと、我慢の先に得た物が美しいというのを刷り込んだのは学校。
    アクセルを踏みながらブレーキをベタ踏みしている。
    学校は歴史を辿ると使いやすい労働者を大量生産するための工場。
    お勉強と学びは違う、学びは没頭すること、学びの本質は没頭。
    貯金型思考になっていないか、未来なんてわからない。
    手抜きでやりたいことの時間を作れ

  • いつもやる気にさせてくれる。 ハマることが見つからない。その理由は〜〜って色々述べる。 それはブレーキをかけているだけ。 バカになれ ハマることを探していてはダメ。 ハマるっていうのは結果のことだから、はまった状態を今探しても無意味。 ハマるのは、めっちゃはまってる!ってやっていて気づくこと。 何かやっていて気づくことである限り、何かをやっている必要がある。だから何かをやってみること、色々やることが大切 投資型思考へ どれだけ自分で選んだのか 時価総額のアップ 年収から時価総額を把握せよ

  • そんなことはどこにも書いてないけど、学校の解体は万人を救う方策ってわけじゃない。
    多分、今と変わらない程度の負け組は出て来るんじゃ無い?と思う。まぁ、その辺りはメインじゃ無いからどうでも良いんだろうけど。

全128件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)のその他の作品

堀江貴文の作品

ツイートする