すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.97
  • (73)
  • (130)
  • (56)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1027
レビュー : 127
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アクセルの踏み方(マインドセット)、ハンドル操作法(働き方、稼ぎ方)ではなく、ブレーキの外し方について書いた本。

    学校は不要。
    既存の教育は洗脳。

    G人材(グローバル)またはL人材(ローカル)として生きていく。
    学びとは没頭である。
    没頭できることをせよ。

  • 言ってることは正論で、個人レベルには自分の思考に従って行動するべきではあると思うが、自分が上司だった場合、この本に従う人が数人いて、あとは特に何にも考えず事務処理をしてくれる人が多数いる方がいいと思う。

  • めっちゃ共感。
    義務教育の頃は狭い世界で生きていたことを卒業してから気づいたし、たいして疑問も持たず、目的意識も持たずに勉強していたなと今更ながらにバカだったなと思う。その頃染み付いた習慣はなかなか抜けず、親になった今も子に間違った価値観で躾をしてしまっている気がして、自分のイケてなさ具合にヘドが出る時がある。娘には、こんなくだらない価値観や枠に縛られず、自由に羽ばたいていってほしい。私が足かせにならないように気をつけねば。そして、自分自身もブレーキを踏み続けて人生無駄にしないように気をつけたい。

  • 教育機関の工業的な役割や、要素タグと自分のやりたいことの合致の意義などうなづける点が多い。
    自分はG人材でいたいとおもった。

  • 工場労働者を生み出すための教育…本書の内容とは関係ないかもしれないが、トランプ政権を生み出した原動力は、同じくアメリカの教育によって形成されたその労働者階級が働く場所をなくした怒りであるとの説を読んだのを思い出した。その説を日本にも当てはめるのであれば、おそらく日本でも既存の想定からはみ出し始めている労働者達が数多くいるわけで、その怒りの矛先が変な方向に向かわないうちに、教育の洗脳から自由になれと訴える作者の論説はいかに時機にかなっていることか!私のような小心者は規定のレールからはみ出す勇気がないけれど、それでも過去を振り返り、進路の折り目での決断を顧みるに、「そっちに行ったら(学力が)もったいない」とか「潰しがきかない」とか、随分と後ろ向きな理由で自分の「やりたい」を封じ込めた気がする。今からその封じ込めた気持ちを一つづつ掘り返して、「やっぱりやってみたい」を見つけたくなった。

  • 信者になりそうな勢いで堀江貴文さんの著書を拝読しています(笑)

    受けてきた義務教育をボコボコに否定しているのかと思いきや、教育の歴史・概念・国の意向と他方から分析し、日本の教育を紐解いています。

    学びの本質とは何か?

    考えさせながら、やっぱり本質をついているなぁと読ませていただきました。

    教育に触れるすべての人たちへ。

  • よく炎上している堀江氏の考えがよくわかる本。いい本ではあるが、やはり彼の言う通り、行動に移せないと読んでも意味がない。読んでる最中、よく頭に浮かんだのが、キングコングの西野さん。まさにこの本のことを体現している。
    好きなことをやろう!
    内容がよく、アマゾンプライムで無料なので、星5!

  • 面白い!

  • この人の特徴なのか、話が極端すぎて読む人を選ぶ。
    おおよそホリエモン信者か?
    内容の1/3位は同意できる。

  • 学校教育とはナショナリズムのための洗脳機関であり、いまもなお洗脳は行われているが、インターネット(特にSNSなどのメディアの大衆化が大きいのかな?)の普及によってその国家の流していたフィクション(一流大学⇒大手企業or官僚⇒幸福!)のめっきが剥がれかけている。これは「国家としての権威<テクノロジーの利便性」により人々の生活において大きな存在感を占めるようになってきたからである。

    そもそもこの国家のためのシステムは、フィクションを流すことによって、受験のお勉強(=楽しい事は甘え!つらい事は我慢!「常識」の刷り込み)にインセンティブを与え、国家の都合(たくさん働いて納税してね)のいい「常識」をもつ国民を創るためのものである。
    (この洗脳のためのシステムはオウム真理教でも同様の仕組みで、6段階に分けられた階級の中で、信者達は昇進を目指して修行していたという。)

    そこで今私達は、この常識という洗脳から脱却する必要がある。それは遊びに没頭し仕事にするためである。現在ではワーク・ライフ・バランスのようにワークは嫌なこと。ライフは楽しいことと切り分けているが、本来仕事というのは生活の一部であり、楽しい事であるべきである。その楽しい事に対して”没入”し、コミットメント力を発揮して仕事に変える(平均的な能力を持つより、3つのシナジーの高い特技・特性・能力をもっている方が資本主義に適合しそうだし)。そうした生き方を著書は推奨している。

    以下、本書を読んでの疑問点
    ・遊びを仕事にするとなると、ゲーム等の遊び(仕事)としてのユーザーが非常に多い分野では人口が集中してレッドオーシャンになる恐れがあるのでは?
    ・つまりはレッドオーシャンとブルーオーシャンが局所的に偏りが生じる。そうすると、パウリの排他律に従う電子の様に同じ量子状態(ここでは同じ能力以下を持つ人)は存在できず、一定枠から弾きだされ、已む無く本来やりたい遊び(仕事)を出来ない人が大量に出るのではないか?

全127件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)のその他の作品

堀江貴文の作品

ツイートする