すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.97
  • (73)
  • (130)
  • (57)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1028
レビュー : 128
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 息子に読ませてみようかな?

  • 自分自身が地方で学習塾を設立し、子供に指導している中での大きな違和感を可視化されたような気分になりました。
    特にG人材、L人材、N人材といった区分はわかりやすく、心のもやが晴れたようです。
    きっと5年後かそのくらいに、このことも騒がれ始めて、そのことならホリエモンがもう看破してたよ。ってなるんじゃないかなーと思いました。

  • 私も「やればいいじゃん!」ってイライラしつつ言いたくなる場面に出くわすのですが、なるほどこういうことねと納得できました。確かに、学校教育は投資になっていなくて貯金にとどまっているところが多いかも。でもそうでない学校もあるし、自分で意識を変えていくことも必要だなと、とても参考になりました。

  • 教育というタイトルだが、当たり前だが子育てのためというより、大人も含めた教育に対する批判。
    彼独特のストレートに物言うスタイルが、文章にも表れており、自分の意見と異なるとあまりにも断定している書きっぷりに逆に彼の意見を拒絶してしまいそうになる。
    言っていることは、本質を捉えているだけに、もう少し読み手や聞き手を意識して発言してくれれば、彼の意見に耳を傾ける人が増えると思うのだが、それも含めて彼の良さなのかもしれない。
    本書では、教育機関が国民という概念を作り上げ、今の有名大学に進学して大企業で一生働き続けるという思想を国民に浸透させてと主張。実際に、明治時代に学校を造った目的は、多くの産業労働者を作りだすための国策であった。
    これからは、個々人が自分のやりたいことだけに没頭することが重要だと説いている。

    ・学校は国民のナショナリズムを育むための格好の教育機関であった。国家権力を持つ人々は学校をフル活用して、人民がまだ幼く判断力の低いうちから「常識」という形で「国家にとっての理想の国民の姿」を頭に刷り込ませた。

    ・学びとは「没頭」だ。何にでも没頭すれば、頭角を現すことができる。しかし、ほとんどの人が没頭することができない、見つからないのである。

    ・「没頭」する力を奪うきっかけを作るのは、親である。親は幼児の行動を一日中静止し続けて、「あれをしてはいけない」と禁止のシャワーを浴びせ続ける。その後は、学校でも同様に禁止のシャワーで仕上げれば「自称凡人」の誕生だ。
    ・「禁止」ルールに基礎づけられた学校教育の中で、人は自分の中の「好き」や「快」に従って生きること自体を「悪いこと」だと思い込む。その結果、自分の没頭する力に強烈なブレーキをかけ、身動きが取れなくなってしまうというわけだ。

    ・脳は退屈が嫌いだ。「何も新しいことを考えるな」と命じられると、手持ち無沙汰のあまり、思い出を材料に「不安」「焦り」「嫉妬」といったゴミのような感情ばかり作りだす。

    ・「いざという時のため」。まさにこれは、人が「貯金」を始める時の動機付けだ。進学、引っ越し、天職、老後。あらゆる状況変化を想定して、人は買いたい物を我慢し、お金をひたすら増やす。学校も同じだ。「将来のリスク」をあれこれ思い浮かべ、今この瞬間の「やりたい」という気持ちをこらえている。代わりに、学歴や資格、スキルと言ったものを「蓄え」ようとしている。
    ・「貯金型思考」の人が重んじるのは「蓄える」ことだ。貯金額とは、「財産を使わなかった=我慢した量」を可視化したものだと言える。
    ・「投資型思考」に必要なマインドは、勇気とワクワク感だ。的確に先を読み、自分がいいと決断したところに積極的に使っていかなければ、リターンは決して得られない。
    ・「貯金型思考」を支えるのは我慢であり、「投資型思考」を支えるのは先読みと決断。

    ・ほとんどの人は、何かを読んで感銘を受けても行動に移さない。「嫌われる勇気」がベストセラーになった時には、「みんなのマインドが、この一冊で一気に変わるに違いない!」そう期待を抱いた。でも実際は、世の中の雰囲気はまったく変わらなかった。実際に行動した人は、1%にも満たなかったのではないか。
    ・いくら頭の中で理解しても、今この瞬間から動き出さなければ、あなたの洗脳は解けない。一人で立ちあがって、どれだけ小さくてもいいから「最初の一歩」を踏み出すのだ。

  • 学ぶことは、没頭すること。

  • いやー会社なんていやだー学校なんていやだーと心から思った。
    自分が学校を行った方がいいと何故か高校の時に思ってて、その感情こそが洗脳なんだなーと感じた。
    やっぱり親が学校や会社に対しての必要性をしっかり子供の時に話してあげる事が必要だなと感じた。親が洗脳されてる場合はどうしようもないけどね笑
    うん 色々な不満がこの本を読んでスッキリした気がする。この本を読んでよかったなーと思う。

  • この方の自由的発想には驚きます。常識人からみれば、アウトローなんでしょう。
    ロンブー淳さんの生徒会長の話もそうですが、自分が正しいことを貫けるかだと思います。

  • 極端

  • 自分のやってきたことや、すでに持っているものから「やること」を決めてはいけない。
    過去は、ただの過ぎ去った時間でしかない。
    過去を元手に決断すれば、その時点で可能性は1000分の1に縮こまってしまうだろう。
    「予想外の出来事」は、予想できないから予想外。
    自分が求めているものは何か、やりたいことは何か。今この瞬間、どんな生き方ができたら幸せなのかを真剣に考えぬく。それが何に資本を投じるのかを決める原動力になる。

  • 3つのタグって考え方自分も考えてみようと思った.

全128件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)のその他の作品

堀江貴文の作品

ツイートする