すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.97
  • (72)
  • (128)
  • (55)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1003
レビュー : 126
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「学び」とは没頭である。脇目も振らず没頭し、がむしゃらに取り組むことのすべてが学びとなる。学校では、そこに通う人間を規格通りに仕上げようとする性質があるという。しかし、インターネットが普及した現代では、これまで以上に自由があると考えて行動してもいいのではないかと本書は訴える。自分自身の時価総額をあげることができれば、いまこの瞬間も、自分がワクワクすることに時間を使えるのだろうと思う。本書では「貯金型思考」から「投資型思考」へと考え方をシフトさせることで自分の価値を最大化できるとあった。本書を読み、現状に対して思考停止になっている自分に気付かされた。

  •  本書のタイトルは,なんとも刺激的な題名である。
     教師である私にとっては,それこそ,死活問題になる話である。もし,私のやってきたことが「洗脳」ならば,オウム真理教がやってきたことと,なにも変わらないことになる。
     それは本当か?
     言いすぎではないか,ホリエモン!
     が,しかし,私は「今の教育はそのままでいいのだ。ホリエモンよ,お前の言っていることはおかしいぞ…」と反論することは,まったくできない。ホリエモンの意見に同意してしまう自分がいる。
     ホリエモンの言うとおり,今の日本の教育は,明治から全く変わっていない。あの悲惨な戦争を経験し,日本を支配していた教育勅語は廃止された…といっても,日本人の本筋の所は全く変わっていない。
     子どもは未熟だから,社会に出たときに困らないように「適応させる」必要がある。だから,そのために「今は我慢させて」でも,道徳をはじめとする学校教育の「枠にはめる」のだ。
     そして,はみ出した子には,学校での居場所は保障されない。ましてや,学校を拒否して生きることは,相当のエネルギーが必要になる。かくして,子どもたちは,まるで金太郎飴のように,均一化されて学校を出て行くのだ。

     こんな社会にだれがした…。子どもたちこそ,次世代を担う新しい社会の作り手ではないか…そうホリエモンは言いたいのだろう。

     が,しかし,子どもたちは,成長して,新しい社会を作っていくだけではなく,ある程度は既存の社会に合わせていく力も必要であることは論を待たないであろう。たったの1人で社会を作ることは出来ない。ある程度のその社会を支配する道徳や学力(一般的なもの)もないと,友と一緒に社会を変える力さえも発揮できないかも知れない。

     今の教育は,余りにも均一すぎるし,子どもの興味関心を無視しすぎているという指摘には,大いに賛成するが,だからといって,公教育をすぐに廃止するわけには行くまい。
     いや,公教育があってこそ,人権感覚も身について来たのだという過去の歴史もある。「ヒトは教育によって人になる」というのも,あながち的外れではないはずだ。

     教育界に,もっと自由があれば,教師ももっとゆったりとできて,いろんなタイプの子どもたちともゆったりとつきあえるはず。

     ま,学力テストで1位だ2位だといっているようでは,今の学校には,まったく期待できないね。
     
     いろいろと教育について考えるキッカケとなる本でした。

  • 何かに没頭すること。没頭する何かを見つけること。それが一番大事だ。
    簡単なことだと筆者はいう。私も簡単だと思っていたが、実は見つけられない人が大勢いることを知った。
    それはやはり、学校や親に洗脳されているからなのではないかと思う。学校の勉強以外のことに興味を持つことは悪であるという洗脳。
    これを抜け出すには、まずは洗脳に気付くこと。そして少しずつ現状からは見だしていくことなのだろう。

  • ・学校では秀でた才能を伸ばすよりも、劣っている部分を普通水準まで持っていくように教育する
    ・これからの時代は人よりも秀でた部分を伸ばすことが大切
    ・やりたいことはすぐやっていこう
    といったような内容。

  • 僕は我慢が大嫌い。努力はする。我慢が美徳とされているのは学校のせい。これは、貯金や保険と同じ考え方。
    →確かに耐え抜いてる人が魅力に感じる。修行も努力とただの我慢の側面が両方あるのに。

    オウムに洗脳された人に高学歴が沢山いた。なぜなら彼らは洗脳に慣れている。宗教内の階級があった。会社の出世争いと一緒。
    →確かに、ひとつの組織と考えると中にいればそれが常識に感じるかも。

    グローバル化に取り残された人は、時代についていけなかった。なので、日本礼賛番組をありがたみ、内に隠りはじめた。他国批判のネトウヨも同じ考え方。
    →確かに、テレビ番組は増えた。古きよき日本を見たいのかな。

    これからの時代はやりたいことをやって支持や共感が得られるか。モノやお金は人の人生を決定する要素にならない。所有のために従事する時代は終わった。
    →確かに所有欲はそんなにないかも。中身の充実か。

    ☆学びとは能動的に没頭すること。

    単語帳を丸々覚えたのも、教師に言われたのではなく、自分で決めたから没頭できた。
    →単純な暗記も堀江さんが楽しんでたのは意外だった。自分で決めたってのが大きいキーワードのよう。

    コンビニアイスマニア福留。彼はニッチだけどマツコの知らない世界等の人気番組にでた。
    →ホントにニッチ。突き詰められる人はすごい。

    毎月コツコツ貯金して通帳を視るのは我慢の連続。投資型の思考を。
    →一定のお金が心身の安定になる気はするんだけど。

    プロパガンダの基本手法。これをしないとあなたは深刻な損をします。これの正しくはしてくれないと[わたし]が困りますであり、あなたではない。元々貯蓄のいざと言う時は、戦時中に金融機関の預貯金を使用するため。
    →結構昭和初期の名残って多いね。不動産マイホーム購入とかもそうだし。

    りんごが台風でやられた時、残っているりんごに台風に耐えたりんごとしてブランド付けて売った。
    →この発送出来る人はかしこいわ。

    嫌われる勇気を読んだ時に感動した。これでみんなのマインドが変わり、社会にはびこる固定概念が解消される。しかし、1%の人も行動せずも変わらなかったように感じる。
    →もう一度読んでみようかな。

    全ての教育は洗脳であるというタイトルではあるが、やりたいことをやれ、会社なんかいらない。楽しいことに没頭するなど、多動力の方でも見かけるフレーズが多い。本人も思考が大きくは変わらないから言いたいことは似通ってきてしょうがないと言ってるし、一貫させていると言ってたから、その通りなのだろう。

  • 「『学校なんていらない』『学校教育の洗脳を解くべき』と考えている著者。では、本当の『学び』とは一体何なのか、、、?」

    言っている事は正しいと思うし、考え方は大筋では賛成。

    ただ「学校」というシステムが全て無くなってしまうと、義務教育が受けられない子供が出てくるんじゃないかと不安になる。

    読み書きや簡単な計算等は現在のように税金で平等に習得できて、かつ「地毛だろうと茶髪は校則違反だから黒髪に染めなさい」みたいなのが無くなれば良いのだけれど。

  • 無意識のうちに思考は固まっている
    まず、気付くこと

  • アクセルを踏みながら、ブレーキをベタ踏みしてエンストを起こしている人が多い。そんな人がブレーキの外して、自分の好きなことにはまり、遊び・学び・仕事を三位一体で行っていくべきということが書かれていた。嫌なことを我慢するというマインドセットは学校での勉強や会社での仕事でついてしまうという。自分の経験を振り返ってみても、心当たりがあった。
    一方で、はまるという経験の心地よさもわかる。小さいことでいえば、虫取りであるし、少し大きくなってからも漫画を大量に読むことがあった。それが、社会人になってからあまりできていないように感じる。周りの人で優秀だなと感じる人、人材として価値があると思われている人は、その時々で何かにはまっている。
    何かをしたいというときに、できない理由を探すのではなく、とにかく一歩踏み出してみる。本を読む、人と会う、旅をする、なんでもいい。自分が楽しいと思えることをその瞬間にする。好きと思えることでないと、頭に入ってこないし、生き抜くためには情報が大事なのだから、思い切り良くアクセルをベタ踏みするという生き方をした方が"将来”を考える上でもいい。そして、なにより”今”この瞬間が楽しくなるはずだ。

  • 学校や会社に縛らるのはばからしい。逆算せずに、自分の好きなことにとことんはまれという堀江さんの主張は、何かに没頭していない自分には耳が痛い。

    没頭は、頭を使って結果到達するものといった視点は自分にはなかった。

    次同じ感想を書くことがないようにこれから一歩を踏み出そうと思う。

  • 大切なのは自分が求めるがままに没頭すること。
    分かる気がする。

  • 良かった
    没頭 その行為が幸せのバロメーター の時代なんだなぁ・・
    でも、行動力はだれも知らない!

  • ホリエモンがいつも言っていることを、繰り返して勉強した。というのが感想。この本に書いてあることが、実際は大切だと思う。ただ、まだ今の世の中はここまで来ていない。そこの狭間で生きていかなければいけないとも思った。

  • かなりの流し読みだったけど納得する内容だった。
    ただし、エッジがききすぎて、そのまま実践するには実力と覚悟がいるから、この内容を意識しつつ各自が自分のに合う方式で切り開いていくべきなんだなと。

  • 「3つのタグで自分の価値を上げよ」の章は心に響いた箇所がたくさんあった。過激な題名の本ではあるが、なるほの自分の無意識下で洗脳されていた、また自身を洗脳していたんじゃないかと思うこともあった。
    「やればいいじゃん」って気楽な一言。でもそれって自由を後押ししてくれる一言でありながら自己責任が付いてくるものだからちょっとした覚悟も必要だな、と思う。そこが堀江さんとその他の違いなのかな?

  • 固定概念やこれまで教育されてきた常識に囚われず、自分のやりたいことのために一歩踏み出そうぜ、という内容。陰謀論で学校は洗脳するためのものという話があるが、やはりそうだったか、と納得のいく内容だった。

  • これを読んで行動に移す人が成功する。
    失敗してもいいから成功する方法を徹底的に考える。
    本当に成功したいのならそれくらいするべきだ。
    もっとこのマインドが広まれば、学校教育も変化を見せるかもしれない。

    何よりこのマインドを子供達に伝えたい。
    いつか必ず、1年以内にチルドレン達に学んでもらうために行動しよう。

    そして、自分が好きな分野には徹底的に力を注ごう。
    没頭こそが力の源泉!

  • 納得できる部分は多かった。が、洗脳されている人ばかりの社会で、楽しいことだけして生きるのはやっぱり難しい気がする。といってる様では、やっぱり洗脳はとれてないのだろう。

  • タイトルがすべて。

  • "学校の原点は、工場労働者の育成期間である" ─学校生活を送ってきて、このように感じたことは無かったと思う。でもそれってつまり「学校」に洗脳されてたってことなのか?
    私は比較的どの教科もそつなくこなしてきた方だった。今努力することがいずれ将来につながるとぼんやりとした未来像を描いたまま。でもその結果今「これがしたい」と断言できるものが見つからない。"ただ敷かれたレールを歩く労働者"という言葉がぴったり私に当てはまっているような気がして、焦る。
    「自分のやってきたことや、すでに持っているものから「やること」を決めてはならない」
    この言葉はかなり励みになった。
    まずは自分の「これがしたい」「これが好き」をちゃんと見つめてみようと思う。自らの行動は常に動機が先にあるようにしよう、そう思い直すきっかけとなった本。

  • G人材とL人材

  • 自分の今のちょっとした生きづらさのようなものの原因が学校にある、とスパッと整理できたのが大きな収穫だった。
    これから子どもをどう育てていけばいいか、最近はそのことにしか興味がない。自分はまさに学校教育の洗脳を受けて、いまだその洗脳が解けず、従順さに磨きがかかっている状態。しかし、子どもは環境や親の姿勢で洗脳されない状態にすることはできるかもしれない。学校教育や中学受験、大学受験文化がそのような洗脳を作っている気もする。自分の子どもには他と同じような道を進ませるのではなく(他人がやっているからうちも、というように中学受験をさせ、難関大学に進ませるというような普通の道ではなく)どこか尖って、他とは違う、大多数の子どもが進む道とは少し違う道を本人の興味関心に合わせて選んであげることも大切だろう。禁止令が本人の没頭する力を奪っていることを肝に銘じなければならない。そして、客観的な評価(偏差値や学校名)ではなく、本人や家族としての主観として幸せに生きていくにはどのような部分で力を伸ばしてあげればいいか、を真剣に考えたいし、見極めてあげたい。

  • 幸せに生きるために、自分を知り、最初の一歩を踏み出すのにどうしたらいいかを「教育」という視点で述べられている。

    日本の学校教育の影響により植えつけられた常識を指摘して、前に進むべきと思っていても動けない原因が何かを追求し、その人に向けて背中を押してくれている。

  • すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論
    2017/3/16 著:堀江 貴文

    旧態依然とした学校教育の中で、日本人は洗脳されている。やりたいことを我慢し、自分にブレーキをかけ、自分の可能性に蓋をすることを推奨する恐ろしい洗脳が、白昼堂々なされているのが今の学校である。

    本書の構成は以下の5章から成る。
    ①学校は国策「洗脳機関」である
    ②G人材とL人材
    ③学びとは「没頭」である
    ④三つの「タグ」で自分の価値を上げよ
    ⑤会社は今すぐ辞められる

    本書はホリエモンだからこそ書ける本である。
    学校に属した経験があるも彼のいう「洗脳」を受けていない。そして「洗脳」を受けずに多くの実績をあげた彼だからこそ声高々に「学校は洗脳機関」であるというガソリンをたっぷり含んだ脱脂綿のような火気厳禁の言葉を振りかざすことができる。

    著者がいうことの多くは理解もできるが私もそうなろうとは思わない。著者の本の多くは意見として学ぶ気持ちで読めば多くの気づきがある。受け入れるか取り入れるかは置いておいてもさすがと思うことは多い。

    実績をあげている人の言葉には説得性がある。
    おもしろいことをいうすごい友達という感覚で考えには触れ続けたい。

  • G人材 グローバル
    L人材 ローカル
    N人材 ナショナル

    堀江さんが言うような、すぐに行動に移すこと自体は、難しいけれど、
    新たな気づきや視点、自分に得るものは、たくさんありました。
    同時代に生きて、発信していてくれて、ユニークで関心です。
    いつも興味深い解釈、ありがとうございます。

  • ある程度タイトルから予想できる内容。
    国家という幻想を消し去る。というような話が1番腹落ちした。
    国よりもAmazonとかGoogleに期待してしまっている。
    その通りだなと。

  • とても参考になった。

    以下、キーワード抜粋。

    やりたきゃやれ。
    それを制限してるのは我慢しているのは自分。
    我慢が美徳だと、我慢の先に得た物が美しいというのを刷り込んだのは学校。
    アクセルを踏みながらブレーキをベタ踏みしている。
    学校は歴史を辿ると使いやすい労働者を大量生産するための工場。
    お勉強と学びは違う、学びは没頭すること、学びの本質は没頭。
    貯金型思考になっていないか、未来なんてわからない。
    手抜きでやりたいことの時間を作れ

  • いつもやる気にさせてくれる。 ハマることが見つからない。その理由は〜〜って色々述べる。 それはブレーキをかけているだけ。 バカになれ ハマることを探していてはダメ。 ハマるっていうのは結果のことだから、はまった状態を今探しても無意味。 ハマるのは、めっちゃはまってる!ってやっていて気づくこと。 何かやっていて気づくことである限り、何かをやっている必要がある。だから何かをやってみること、色々やることが大切 投資型思考へ どれだけ自分で選んだのか 時価総額のアップ 年収から時価総額を把握せよ

  • そんなことはどこにも書いてないけど、学校の解体は万人を救う方策ってわけじゃない。
    多分、今と変わらない程度の負け組は出て来るんじゃ無い?と思う。まぁ、その辺りはメインじゃ無いからどうでも良いんだろうけど。

  • 著者の主張は、容易に理解できるし、納得もできるが、実行できるかとなるとやはり難しい。

  • Vol.396 すべての教育は「洗脳」である。21世紀の脱・学校論。『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論』(堀江貴文著/光文社)
    http://www.shirayu.com/letter/2017/000807.html

全126件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)のその他の作品

堀江貴文の作品

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする