すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
4.02
  • (52)
  • (96)
  • (31)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 692
レビュー : 86
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何かに没頭すること。没頭する何かを見つけること。それが一番大事だ。
    簡単なことだと筆者はいう。私も簡単だと思っていたが、実は見つけられない人が大勢いることを知った。
    それはやはり、学校や親に洗脳されているからなのではないかと思う。学校の勉強以外のことに興味を持つことは悪であるという洗脳。
    これを抜け出すには、まずは洗脳に気付くこと。そして少しずつ現状からは見だしていくことなのだろう。

  •  本書のタイトルは,なんとも刺激的な題名である。
     教師である私にとっては,それこそ,死活問題になる話である。もし,私のやってきたことが「洗脳」ならば,オウム真理教がやってきたことと,なにも変わらないことになる。
     それは本当か?
     言いすぎではないか,ホリエモン!
     が,しかし,私は「今の教育はそのままでいいのだ。ホリエモンよ,お前の言っていることはおかしいぞ…」と反論することは,まったくできない。ホリエモンの意見に同意してしまう自分がいる。
     ホリエモンの言うとおり,今の日本の教育は,明治から全く変わっていない。あの悲惨な戦争を経験し,日本を支配していた教育勅語は廃止された…といっても,日本人の本筋の所は全く変わっていない。
     子どもは未熟だから,社会に出たときに困らないように「適応させる」必要がある。だから,そのために「今は我慢させて」でも,道徳をはじめとする学校教育の「枠にはめる」のだ。
     そして,はみ出した子には,学校での居場所は保障されない。ましてや,学校を拒否して生きることは,相当のエネルギーが必要になる。かくして,子どもたちは,まるで金太郎飴のように,均一化されて学校を出て行くのだ。

     こんな社会にだれがした…。子どもたちこそ,次世代を担う新しい社会の作り手ではないか…そうホリエモンは言いたいのだろう。

     が,しかし,子どもたちは,成長して,新しい社会を作っていくだけではなく,ある程度は既存の社会に合わせていく力も必要であることは論を待たないであろう。たったの1人で社会を作ることは出来ない。ある程度のその社会を支配する道徳や学力(一般的なもの)もないと,友と一緒に社会を変える力さえも発揮できないかも知れない。

     今の教育は,余りにも均一すぎるし,子どもの興味関心を無視しすぎているという指摘には,大いに賛成するが,だからといって,公教育をすぐに廃止するわけには行くまい。
     いや,公教育があってこそ,人権感覚も身について来たのだという過去の歴史もある。「ヒトは教育によって人になる」というのも,あながち的外れではないはずだ。

     教育界に,もっと自由があれば,教師ももっとゆったりとできて,いろんなタイプの子どもたちともゆったりとつきあえるはず。

     ま,学力テストで1位だ2位だといっているようでは,今の学校には,まったく期待できないね。
     
     いろいろと教育について考えるキッカケとなる本でした。

  • 無意識のうちに思考は固まっている
    まず、気付くこと

  • アクセルを踏みながら、ブレーキをベタ踏みしてエンストを起こしている人が多い。そんな人がブレーキの外して、自分の好きなことにはまり、遊び・学び・仕事を三位一体で行っていくべきということが書かれていた。嫌なことを我慢するというマインドセットは学校での勉強や会社での仕事でついてしまうという。自分の経験を振り返ってみても、心当たりがあった。
    一方で、はまるという経験の心地よさもわかる。小さいことでいえば、虫取りであるし、少し大きくなってからも漫画を大量に読むことがあった。それが、社会人になってからあまりできていないように感じる。周りの人で優秀だなと感じる人、人材として価値があると思われている人は、その時々で何かにはまっている。
    何かをしたいというときに、できない理由を探すのではなく、とにかく一歩踏み出してみる。本を読む、人と会う、旅をする、なんでもいい。自分が楽しいと思えることをその瞬間にする。好きと思えることでないと、頭に入ってこないし、生き抜くためには情報が大事なのだから、思い切り良くアクセルをベタ踏みするという生き方をした方が"将来”を考える上でもいい。そして、なにより”今”この瞬間が楽しくなるはずだ。

  • 学校や会社に縛らるのはばからしい。逆算せずに、自分の好きなことにとことんはまれという堀江さんの主張は、何かに没頭していない自分には耳が痛い。

    没頭は、頭を使って結果到達するものといった視点は自分にはなかった。

    次同じ感想を書くことがないようにこれから一歩を踏み出そうと思う。

  • 大切なのは自分が求めるがままに没頭すること。
    分かる気がする。

  • よく炎上している堀江氏の考えがよくわかる本。いい本ではあるが、やはり彼の言う通り、行動に移せないと読んでも意味がない。読んでる最中、よく頭に浮かんだのが、キングコングの西野さん。まさにこの本のことを体現している。
    好きなことをやろう!
    内容がよく、アマゾンプライムで無料なので、星5!

  • 面白い!

  • この人の特徴なのか、話が極端すぎて読む人を選ぶ。
    おおよそホリエモン信者か?
    内容の1/3位は同意できる。

  • 学校教育とはナショナリズムのための洗脳機関であり、いまもなお洗脳は行われているが、インターネット(特にSNSなどのメディアの大衆化が大きいのかな?)の普及によってその国家の流していたフィクション(一流大学⇒大手企業or官僚⇒幸福!)のめっきが剥がれかけている。これは「国家としての権威<テクノロジーの利便性」により人々の生活において大きな存在感を占めるようになってきたからである。

    そもそもこの国家のためのシステムは、フィクションを流すことによって、受験のお勉強(=楽しい事は甘え!つらい事は我慢!「常識」の刷り込み)にインセンティブを与え、国家の都合(たくさん働いて納税してね)のいい「常識」をもつ国民を創るためのものである。
    (この洗脳のためのシステムはオウム真理教でも同様の仕組みで、6段階に分けられた階級の中で、信者達は昇進を目指して修行していたという。)

    そこで今私達は、この常識という洗脳から脱却する必要がある。それは遊びに没頭し仕事にするためである。現在ではワーク・ライフ・バランスのようにワークは嫌なこと。ライフは楽しいことと切り分けているが、本来仕事というのは生活の一部であり、楽しい事であるべきである。その楽しい事に対して”没入”し、コミットメント力を発揮して仕事に変える(平均的な能力を持つより、3つのシナジーの高い特技・特性・能力をもっている方が資本主義に適合しそうだし)。そうした生き方を著書は推奨している。

    以下、本書を読んでの疑問点
    ・遊びを仕事にするとなると、ゲーム等の遊び(仕事)としてのユーザーが非常に多い分野では人口が集中してレッドオーシャンになる恐れがあるのでは?
    ・つまりはレッドオーシャンとブルーオーシャンが局所的に偏りが生じる。そうすると、パウリの排他律に従う電子の様に同じ量子状態(ここでは同じ能力以下を持つ人)は存在できず、一定枠から弾きだされ、已む無く本来やりたい遊び(仕事)を出来ない人が大量に出るのではないか?

全86件中 1 - 10件を表示

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)のその他の作品

堀江貴文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リンダ グラット...
伊賀 泰代
又吉 直樹
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする