世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)

  • 499人登録
  • 4.26評価
    • (44)
    • (36)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
  • 48レビュー
著者 : 山口周
  • 光文社 (2017年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039967

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 欧米では今、グローバル企業が世界的に著名なアートスクールに幹部候補を送り込んだり、知的専門職が早朝から美術館に通っているという。その具体的な理由、および現在のリーダーに求められる「美意識」について説く。

    忙しい読者のために
    本書における「経営の美意識」の適用範囲
    第1章 論理的・理性的な情報処理スキルの限界
    第2章 巨大な「自己実現欲求の市場」の登場
    第3章 システムの変化が早すぎる世界
    第4章 脳科学と美意識
    第5章 受験エリートと美意響
    第6章 美のモノサシ
    第7章 どう「美意識」を鍛えるか?

  • ビジネスの世界ではデータも論理的思考も外せない要素なのだけど、直感や人の感情を揺さぶる体験もこれからは必要だよね、という本。
    上の人達がこんな考え方を持ってくれると仕事もスムーズになりそう。
    以前からアメリカ人よりヨーロッパの人の方がデザインやアートに対して理解あるなぁと思っていた謎が少し溶けた気がする。

  • タイトルはよくある感じで好きじゃないけど、内容はみっちり詰まってて面白かった。サイエンスの世界、すなわち統計学的有意差と再現性と帰納法の世界で生きてきたからデザインとビジョンの世界が分からない。でも今後AIが合理性重視の判断に長けていき法整備も追いつかない中で必要なのは自然法定主義に則った理念の力、デザインの感覚、すなわち美意識。別にアートに拘らなくても、音楽でもスポーツでも美はあるよなと思う。特に音楽とか。あと西洋薬は帰納法的なアプローチだけどこれからは演繹法のアプローチを取る漢方に光が当たっていくのかもしれないなと漠然と思う。マインドフルネスとか内面との対話を重視する世界。

  • 東2法経図・開架 B1/10/891/K

  • 書名からあまり期待していなかったが、かなり綿密なデータと深い考察がつまった良書でした。サイエンスとクラフトばかりを偏重し、アートが軽視される昨今に不満をもっているので、「美意識」や「アート」の重要性を主張するこの本が広く読まれることを望みます。



  • 本の題名の裏に、真善美が横たわっている。
    この本を読んで、自身の仕事の環境の閉塞感の原因が見えたし、会社がやっているデザイン・シンキングの取り組みなどの意味が分かった。そして、その一歩先を創り出す美意識の必要性も。

    閉塞感の原因が、「言語化できるものは、模倣できる。 」に尽きる。IT業界は、まさにこれに当てはまるし、競争のスピードが非常に速い上に、他業種も参入して来るなどレッドオーシャン化が凄い。今や、分析的・論理的な情報スキルを身につけた人だらけ、「サイエンス重視の意思決定」で、「正解のコモディティ化」が普通になっている。そんな中で、キーワードとして、「自己実現市場の登場」と「ブランドに付随するストーリーと世界観」「世界観とストーリーは決してコピーする事が出来ない」と言った指摘は、勉強になった。

    「センスの悪い顧客が多い地域からの要望で物を作れば、その地域では売れるが、センスの良い顧客の地域で売れない、センスのいい地域の物が入ってきたらそちらが売れて、逆は起こらない、いかに市場の要望に高水準に保つかを意識していかなければ優位に立てない。」

    美意識を鍛える方法として、大きく以下の項目が提示されている。ただ、見るだけ、読むだけではなくどの様に見るか、読むかが指摘されている。

    ・絵画を見る
    ・哲学に親しむ
    ・文学を読む
    ・詩を読む


    著者は、山口周氏、コンサルタントであり、著述家。他の作品は読んだ事が無かったが、この本に書かれている内容は、教養領域の本に書かれている内容が幅広く散りばめられていて、面白い。他の本ではなかなか触れられないポアンカレとか。


    絵画を見る所に、三浦篤氏の『眼差しのレッスン』がお勧め。


  • 今年は「言語/非言語」をテーマにしているのでとても面白かった。ということを前提にモヤモヤと。

    最近最も気になっているのは引用したところで、この前、デザイナーや藝大生とMTGしたときもこの話になった。
    「なんで絵画より言語の方が具体的、とか伝わりやすい。という言説が主流なのか、よくわからない。職業病?」みたいな話に 。

    たしかに、絵画のほうが一般的に言えば抽象的、と思われてるけど、実は情報量は言語なんかよりもはるかに膨大だ。それはテキストデータと画像動画データの容量を比べればすぐわかる。

    この点、「美」を鍛える(引き出す)には、「美」を創造(創作)するプロセスの体験は必要だろうなと感じた。写真にハマってるとよくわかる。面白いもの、美しいものを撮りたい、撮る、でもダメ、頑張ろう、、(以下略。

    サイエンスの知見もクラフトマンシップも総動員、緻密で繊細で気の遠くなるような営みを通じてはじめて、「美」は生まれるのではないだろうか?

    だとしたら体験の接点は多いほうがいいなと。

    ちょうど「言語/非言語」に関してワークショップを企画しているところだったので、なんともモヤモヤと示唆を与えてくれました。

  • いつもながら、とても示唆に富んだ一冊。オウムやDeNAの例を出しながら、美意識なき経営者やエリートたちが突っ走ってしまうことの先にある危険性をわかりやすく解説してくれている。
    戦略コンサルとオウムのシステムの類似性には、ぞっとした。
    アートや哲学から、自分なりの美意識の醸成について考えてみようと思った一冊だった。

  • 意識高いバカが出世すると社会的害悪でしかないので、出世した(い)人はちゃんと学問をやるべき。

    意識高いバカの問題は、自分がバカだと気付いていないことです。むしろ賢いと勘違いすらしている。与えられた仕事をこなすだけなら成果を出したりするし、出世もする。結果、幅広い視野、自社を超えた社会的責任というものが求められる段階に至っても、それがわからない。だから害悪。例えばWELQ。

    人間、与えられた仕事をやるだけなら、大した知性はいりません。しかし、出世すれば、自ら社会のために何をすべきか考える必要が生じる。そこでは自分の頭で考えないといけない。バカにはそれができない。だからそれまでの延長で安易に他者の評価基準を求める。売上とか株価とか。それがバカなのです。

    『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』という本では、そういうことが論じられています。美術史やキュレーションで修士号を取ってから外資系コンサルで働いたという著者ならではの架橋的議論。読者をバカにしたような軽薄なタイトルも、意識高いバカに手に取らす狙い?

    「世界のエリートはなぜ〜」というタイトルで光文社新書から出すことで、書店の「マッキンゼー式」「ハーバードMBA流」みたいな意識高いバカ御用達の棚に並ぶ。これは優れたハッキング、つまり既存システムに侵入しつつ乗っ取り異物を差し込むことでシステムに抵抗する、という活動になっています。

  • つまりは受験勉強に例えるなら、、、最初は全然だったけど、いろいろなセンター試験対策が編み出されてみんなセンターでそこそこ点を取れるようになってきて差がつかないだろうから、センター試験対策だけじゃ到底どうにもならない二次試験の勉強しとくか。まず美意識やっとこ。

    みたいな。クソエリートですわ。

    でもなんていうかこれは良くないんだろうけど、あたしゃー競合の少ない大企業に守られて家族と楽しく過ごすのが一番生きやすいのよ。コスパがいい。楽。自分の好きなことをして生き生きする人がいる一方で、企業の看板を縦にしてぬくぬくストレスもなく生きる人もいる。大企業に入って仕事をすること全てが即幸せだとは限らない(というか「大企業」の幅が広すぎる)けど、真面目で素直な家庭ほど、これが自分なりの答えなんだと細胞レベルでプログラミングされている。

    すげえそれたけど、美意識が経営エリートには必要です!!!ってのは「なるほどふむふーむ」って以上の感想がない。取り巻く環境の変化や背景にいちいちなるほどなるほどって心から思うし、そう気づけて提言できる筆者はすげえし、そういうことを言う役割は必要だし、この本が売れる世の中は捨てたもんじゃない。上っ面のペラッペラな実践手引きが書いてあるわけじゃない、どちらかというと現代社会のあり方に一石を投じるコラムの位置付け。面白かった。哲学を学ぶのはありじゃないか。それがだめなら日本文学。VUCAだろうがなんだろうがそんなの昔からそうなんだろうから、先人の考え方をなぞって、そこはアートだけじゃなくクラフトでもいいから原理原則を学びなおすのもいいんでないか。

    以下メモ


    なぜ美意識が必要か

    1 みんながITやら何やら駆使して問題解決スキルを上げて来たため、みんなが正解を導けるようになった。つまり企業競争に差がつかない。昔の日本はそれでも、スピードとコストで勝負できたけど、これからはそうはいかない。その中で飛び抜けるには武器が必要。あと世界はVUCAなので合理性を求めるあまり意思決定が膠着しがち。

    2 価格競争やら機能優位性ではなくて自己実現のために消費行動を起こししつつある。これから製品に求められるのは、ブランドに付随するストーリーと世界観。デザインや機能はコピーできても、ストーリーはコピーできないから。となると必要なのは1のようなコモディティ化した情報処理技術に基づくマーケティングスキルではない別の感性が求められる

    3 システムの変化にルールが追いついていない。クオリティの高い意思決定をこれからの時代に継続して出来るためには、明文化されたルールや法律だけに頼るのではなく、内在的に「真、善、美」を判断できないといけない。

    戦コンの変化に出てきたのが面白かった
    クラフト 過去の失敗経験をふまえてこのような意思決定となりました。
    サイエンス さまざまな情報を分析した結果、このような意思決定となりました。
    アート なんとなくふわっと、これがいいかなと思って意思決定をしました。

    ここまでは要約というか個人的なメモで

全48件中 1 - 10件を表示

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)のその他の作品

山口周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィル・ナイト
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
村田 沙耶香
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)に関連するまとめ

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)はこんな本です

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする