労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱 (光文社新書)

  • 光文社 (2017年10月17日発売)
3.80
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 99人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334043186

労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ブレグジットをイギリスから考える。

     ブレグジットとトランプ勝利を同じものと考えていいのか考察する。それらを知る参考として代表的な白人労働者達へのインタビューやイギリスの労働闘争の100年史も掲載。
     イギリスのブレグジットは移民排除というよりは社会保障軽視への反発であったと言えるようだ。緊縮財政に苦しむイギリスだが、労働運動の歴史があり、それに応え得る二大政党制があることは日本人から見れば非常に羨ましいと感じた。それはイギリスが歴史をかけて築いてきたもので、一朝一夕では手に入らないものなのだろう。

  • 友人に勧められて読んでみたが、今ひとつ面白くなくて、途中で読むのをやめてしまった・・・

  • 東2法経図・開架 B1/10/912/K

  • EU離脱とは、右傾化やポピュリズムの結果というより、階級の問題(経済の問題)を人種や移民の問題(文化の問題)にすりかえられ虐げられてきた(白人)労働者階級の反抗だったことがわかる本。サフラジェットからはじまる労働者階級のDIY精神100年の歴史をつづった第Ⅲ部が面白かった。さすが生協とパンクを生んだ国の人たち。

全5件中 1 - 5件を表示

労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱 (光文社新書)のその他の作品

ブレイディみかこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
オーウェン・ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱 (光文社新書)はこんな本です

労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする