2025年の銀行員 地域金融機関再編の向こう側 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334043209

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2025年の銀行員 地域金融機関再編の向こう側
    2017/11/16 著:津田倫男

    銀行再編では、当然そこで働く人々と関連する人や企業に影響を及ぼす。統合であれ、合併である、優位に立つ銀行の職員がそうでない職員よりも統合後に優遇されるであろうことは明白である。顧客についても、取引条件の変更などを求められる場合、主導権を握った銀行と取引が深ければ変化は少ないと予想できる。

    本書では、未来に向かって変わる銀行(数がより少なくなり、巨大化する」と銀行員(従来型のビジネス手法や処世術では生き残れないかも知れない)についていくつかの仮説を提示している。あまり明るい未来にならないかも知れないが。生き残った銀行や銀行員にとって展望はより開けているかもしれない。
    そうした銀行を利用する顧客も新たな銀行や銀行員との付き合い方を見出すかも知れない。

    本書の構成は以下の6章から成る。
    ①現下の銀行勢力図
    ②2017年の銀行を巡る動き
    ③銀行員の生き方の今、昔
    ④銀行員の生き残り法
    ⑤再編の先読みと立ちはだかる内なる壁
    ⑥信金、信組は業態転換で活路を見出せ

    2025年という響きだけでは未来のような気がしてしまうが、それは未来ではなく8年後という非常に近い時間軸の話である。そして今までの8年よりも劇的に動くことが容易に予想される8年でもある。

    金融業界のみならず他の業界でも再編や激変というキーワードは今後も含めて多く目にするであろう。そしてどの業界も常に危機感を持って動いていることは確かである。

    しかし、業界や組織として危機感を持ってはいるものの、個人レベルとなるとどこまでそれが浸透しているのかは疑問である。まずは現状の自分たちが置かれている環境を再度見つめなおし近い将来である2025年の提示をしっかりと見据えた上でそこで良い意味の危機感を受け入れ、やるべきことを個人・組織として取り組んでいくしかない。

    正解というものはない。しかし、何も考えず待つよりは、顧客・地域・組織、そして自分の幸せを考えながら走り続けることは必要である。そしてそれは遅すぎることはない。

  • 東2法経図・開架 B1/10/914/K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

企業アドバイザー。(株)フレイムワーク・マネジメント代表。1957年島根県生まれ。一橋大学、スタンフォード大学ビジネススクール卒業。都銀、外銀での20年にわたる勤務を経て、外資IT企業系ベンチャーキャピタルの日本代表を務める。主な著書に、『地方銀行消滅』『銀行のウラ側』(ともに朝日新書)、『大予想 銀行再編 地銀とメガバンクの明日』『大解剖 日本の銀行―メガバンクから地銀・信金・信組まで』(ともに平凡社新書)、『銀行員という生き方』(宝島社新書)、『銀行員のキミョーな世界』(中公新書ラクレ)など。

「2017年 『三菱東京UFJ・三井住友・みずほ 三大銀行がよくわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津田倫男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
石原 慎太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする