女子高生 制服路上観察 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334043223

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中高時代の6年間を男子校で過ごした自分にとっては
    女子高生の制服というのはとても眩しく永遠に手の届かないもの
    という神格化されたイメージがあります。

    まぁそんなこと言いつつただの制服好きなのですが
    制服好きには堪らないタイトルでついつい手にとってしまいました。

    当然タイトル通りのいたって真面目な時代ごとの制服の着こなしや
    若者の考え方などを制服を通じて分析していくという非常にためになる話でした。
    正直ファッションについて筆者ほど熱心に考えたことが無かったので
    そういった点では非常に勉強になったかなと思います。

    ユニクロが制服業界に進出してあっという間に撤退したというような
    エピソードも面白かったです。

  • エロくもなく、どの制服のどんなところがかわいいと品評するでもなく、「ほんものの制服やさん」が、題名のとおり路上観察してわかったことを語っためずらしい本です。

    制服ひとつで人気になって偏差値が上がるマジックも、
    有名デザイナーを起用して話題を集める、なんてことも、
    どちらも期待できなくなりました。

    長い間の制服をめぐる争いや騒動をへて、結局、主役は制服の着こなしを自分たちで探し、見つけつづける女子高生であることがよくわかります。

    よく事情を知らない校長が、自分の取り巻きとだけ制服プロジェクトを進めて失敗する話しは、2018年に実際に見かけたニュースそのものです。
    また、ファストファッション大手企業が、あっさり撤退するにいたったその要因も、説明されてみれば納得です。

    街にちいさな制服やさんがあたりまえのようにあって、
    そこには毎年新入生の採寸をもくもくと進める店員さんがいて。

    これまた、日本の様式美を支える、ささやかな職人のいる風景なのだな、と感じさせられました。

  • 本書のタイトルを見て変な想像をした人は心が汚れています。本書は学生服のトンボにお勤めの佐野勝彦氏が高校生、特に女子高生の制服の着崩しについて、制服を納入するメーカーの立場として、なぜ着崩すのか、どうして着崩すのかを学校関係者や着崩している学生達にインタビューなどをしたフィールドワークをまとめたものです。制服業界の苦労話もあったりして面白いです。自分は、ちょうど女子ならミニスカート、ルーズソックスなど、男子なら腰パンが流行ってた頃に高校生だったので懐かしさを覚えました。ここまで考えてなかったけどね。

  • 東2法経図・開架 B1/10/916/K

  • <目次>
    第1章  彼女たちはなぜ「膝小僧」にこだわるのか
    第2章  首筋の汗は健康エロス、シャツの汗染みは×
    第3章  制服は3年間限定ファッション
    第4章  彼女たちの主張を無視したら負け
    第5章  面白すぎる制服ビジネス

    <内容>
    トンボ学生服のファッション系シンクタンクの人。果敢に女子高生や先生、地域の人にまでインタビューを敢行して、日本の制服のなぜを解いていく。
    と言っても著者はヘンタイではないので、きちんとした院丹ビューと分析が読める。そして、「制服着こなし講座」を長く続け、特に女子高生の嗜好を読み取って、今日も学生服の主流を歩いていく。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

佐野 勝彦(北陸先端科学技術大学院大学)

「2014年 『チューリング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

女子高生 制服路上観察 (光文社新書)のその他の作品

佐野勝彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする