美術の力 表現の原点を辿る (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.92
  • (8)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334043315

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分が絵画好きになったのは、高校時代にエル・グレコの受胎告知を観てから。先週もナショナル・ギャラリーで、この本にも取り上げられているカラヴァッジォの作品を観てきたところ。実物を観た事があると、当然ながら興味のレベルが1つも2つも上がる。

    「美術の力」と書かれている通り、一般的な絵画紹介本ではなく、それぞれの時代において絵画が果たしてきた役割とそのもたらす影響について書かれている。

    西洋絵画だけでなく日本人による作品も取り上げられているところも好感。




  • 図が多く絵画をカラー図版で確認できイメージしやすい。自分が行った展覧会や観たことのある絵画が思い出されて読んでいて嬉しい。
    絵画や美術そのものの意味を問うている精神性の高い深い内容。「絵画とは何か、絵を見るとはいかなることなのか」(p.90)を考えさせてくれるモノとして絵画が紹介されている。
    また日本の美術教育に対する懸念、問題提起もされている。美術史を学ぶこと、古今の実際の作品を観ること、そして名画を模写することをしないことにより「自分の感性だけで見ればよいという姿勢に結びつく」「好き嫌いだけで見ればよく、色や形の美しさを感じるだけでよいという誤解」がある(p.136)という言葉にはドキリとした。
    5章「信仰と美術」、6章「美術の原点」は特に心に響く内容だった。絵を描く・観る意味、美術の持つ力について書かれた、とても心に残る章だった。読めて良かった。繰り返し読み、取り上げられている絵を眺め、できれば実際に観に行きたい。

  • ティツィアーノの受胎告知に影響を受けたのが、エルグレコの受胎告知。

    中世は圧倒的に神の時代。ルネサンスがおこり、人間を基準として物事を眺める視点が生まれた。

    アルチンボルドって、野菜とか花とかで人の横側描く奇抜な感じだったから最近の人かと思ってたけど、16世紀とかの人なんだな。

    フランス革命前は教会や宮廷がパトロン。
    政治的、精神的に果たす役割も大きく絵画がでかい。
    以後は住居に展示されるようになり小さくなる。


    日本での絵画は巻物や襖絵など私的なもの。
    みんなで、鑑賞するという文化がなかった。たしかに。
    だから春画も流行った。

    ウォーホルは敬虔なキリスト教信者。あのスープ缶などは、「誰が作ったかわからなくても、神を見る窓として機能するイコン」とつながっている。

  • 18/03/22。

  • 人間のあらゆる芸術の源は宗教。

    ルネサンスと宗教改革により、
    「信仰の時代」から「美術の時代」へ変化。
    フランス革命により、教会の権威低下、社会が世俗化。
    物語より、視覚的な造形性へ。

    絵馬
     仏像を除き私的な場所での鑑賞の日本美術唯一の公共絵画
     エクスヴォートと似ている。

  • 西洋、日本の美術作品を、その時代や作家、モチーフの話題を交えて紹介している。新聞連載をまとめたもののため、テーマごとに短い文章で書かれて読みやすい入門書的な内容。さらに専門書で深い知識を得たくなる良書だと思う。
    筆者が「美術を見るということは、感性だけの営為ではなく、非常に知的な行為」というように、歴史や寓話、作者、描かれた時代の知識を踏まえて鑑賞することで、作品の深みが増すことがわかる。
    「美術というものは古今東西を問わず、どんな天才的作品であっても必ず過去の作品と密接な関係を持っており、時間と空間の制約の中からしか生まれないものであって、芸術家の天分や創意工夫などといったものはごくわずかな要素にすぎないのだ」というように、個々の作品ではなく、時代の流れの中でなぜその作品が生まれたかについても知る機会となる。
    筆者は、美術を見る「知識」の重要性を語りたかったのではないか。

  • 美術に関するコラム集としては良質。
    毎回最後の帰納的な結論が飛躍している感はあるものの、それでも著者に寄り添って美術に触れられる感覚は新鮮。

  • ところどころで、他にはないわかりやすい説明がある。
    特に、日本の絵画が発達しないのは、「自由な発想」でなければ芸術でないというような思想のもとでの教育によるものだというところは、とても納得のいくものだった。
    アーティストと呼ばれる人たちでさえ、苦しんで描くことが多いのに、はなからそこを求められたら、「才能がないのだ」と思っても仕方ないように思う。

    多くの美術史としての知識を含みながらも、大変読みやすく面白かった。

  • 東2法経図・開架 B1/10/925/K

  • 絶望に美術は力を持つのか。
    絶望の美術、祈りの美術が取り扱われている、異色の本だ。
    読みやすい。心に染みる。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年名古屋市生まれ。美術史家、神戸大学大学院人文学研究科准教授。東京大学文学部卒業、同大学院修了。著書に、『カラヴァッジョ――聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞など授賞)、『カラヴァッジョ(西洋絵画の巨匠11)』『フェルメールの光とラ・トゥールの焔――「闇」の西洋絵画史』『モディリアーニ モンパルナスの伝説』(以上、小学館)、『食べる西洋美術史』『ウォーホルの芸術』(以上、光文社新書)、『カラヴァッジョへの旅』(角川選書)など多数。

美術の力 表現の原点を辿る (光文社新書)のその他の作品

宮下規久朗の作品

美術の力 表現の原点を辿る (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする