常勝投資家が予測する日本の未来 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.29
  • (0)
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334043377

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者は机上の評論家ではなく、投資家として100億円の資産家だとか。プロの投資家が未来を予測したのだが、どうなるのか。

    ★世界を観察する3つの切り口。
    金融経済
    情報技術
    社会システム
    ★行政手続きの電子化で士業は廃業ラッシュ
     司法書士、行政書士、不動産鑑定士の仕事はまったくなくなる。
    ★日本の新しい基幹産業
    ・植物工場
    ・建設機材の輸出
    ・自動運転用のインフラ設備
    ・製薬
    ・宇宙開発

  • 2018年2月に出版された、2025年の近未来予測の本。

    ・東京都心の優位は揺らがない。

    ・アジア人富裕の受入増加による都心不動産価格の押し上げ
    (70㎡のマンション価格は2018年時点で7,000万円→9,000万円まで上昇)

    ・レゴブロックのように均一的なデザインで安価に住宅が建てられるようになる。

    ・働き方は"1億総契約社員"として時間も場所も自由に働く代わりに自己責任の成果報酬制になる。

    ・アジアの優秀な若者が日本に来て仕事を獲得していく。

    本書ではデータ論拠に乏しいが、裏を返せば著者の率直な思いが自由に述べられている印象。
    色々と述べられているが、どれも程度問題でありどこまでドラスティックになるのだろうか?とも感じるが、
    参考にし頭に置いておこうと思った。

  • 「日本の未来」を非常にポジティブに書いていて、楽観的といえばそれまでなんだけど、なんか、そうだったらいいなぁ~とか安易に思ってしまった。

  • 東2法経図・6F開架 B1/10/931/K

  • 2025年日本経済はバブル期を超えて繁栄している筈だ、ただしこんなことを実現しないとなりませんが、という本。
    著者の運用は主に不動産市場で行われていたようで、2025年には首都圏の不動産価格は高騰していると言う。
    しかし・・・
    高能力移民の大量受入(良い政策だが、日本では困難だと思う)による地価高騰は良いとして、その子女が飲食系アルバイトをするから、日本人バイトはいなくなるとか、株式時価総額の増加は(付加価値を企業が生み出すからではなく)、極端に言えば全体ではゼロサム的なものであるとか、?な記述が多い。
    タイトルの「予測する日本の未来」像が、例えば既に中国で行われているアリババによる、全ての経済活動をスコアリングする与信形態とか、既に他の国で実施されているものが多く(後書にはそう書かれてはいるが)オリジナリティが少ない。
    私はこの本の中身にかなり懐疑的ではあるが、著者の言うとおりに日本が繁栄したとしたら、ごめんなさいと頭を垂れるしかない。

  • 何をいっておるのか、という部分も多々。

  • なぜ投資家が未来予測を?

    という疑問はあったのだが、なぜ著者が本を記すに至ったのか、その背景を知るにつれ、納得。

    予測されたいくつかのうちは実現するのだろうし、いくつかは実現しないだろう。

  • 近未来の日本社会。
    シナリオは複数想定するべき。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

玉川 陽介(タマガワ ヨウスケ)
コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ株式会社代表取締役
1978年、神奈川県生まれ。学習院大学卒業。コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ株式会社代表取締役。
大学在学中に統計データ処理受託の会社を設立。同社を毎年増収増益で成長させ、2006年にM&Aで上場会社に売却。その資金で本格的に不動産投資を始める。
現在は、都心を中心に多数の投資物件を保有し、宅建業者として売買仲介も手がける傍ら、『週刊ダイヤモンド』など経済誌への記事執筆も行っている。
著書に『手持ち200万円から始める! 低リスク・高利回りの不動産投資』『勝者1%の超富裕層に学ぶ「海外投資」7つの方法』(共にぱる出版)がある。


「2013年 『不動産投資 1年目の教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

玉川陽介の作品

ツイートする