最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門 (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.67
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334043421

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オーソモレキュラー!

  • 要は、人によるって話なんでしょうが、実際その視点てとても大事だとは思うんす。

  • 糖質制限からここに行き着いた。少し首突っ込んでみようかな。認知症やうつ病治療にも展開を期待して。

  • 東2法経図・6F開架 B1/10/936/K

  • ナイアシン ビタミンB3  ペラグラ コレステロール下げる ナイアシンフラッシュ

    エピクテトス 人は、すでに知っていると思っていることについて、新たに学ぶことは不可能である

    治療 2003 11 治療

    水溶性ビタミン 抽出過程で水をつかって洗浄すると、多くの有効成分が水にとけだす 
    代わりにエタノールを使用

    ビタミンE  αトコフェロール
    天然ビタミンE トコフェロール、トコトリエノール

    EPA 必須脂肪酸のひとつ

    コレステロール 高いより引くほうが問題
     1/4 食材によって影響をうける
     3/4 肝臓で自前で合成したコレステロール

    神経伝達物質のバランス
     抑制 GABA 調節 セロトニン
     興奮 ノルアドレナリン、ドーパミン、アセチルコリン、グルタミン酸 (補酵素としてビタミンBを必要とする)

    グルタミン酸からGABAが作られる過程でB6が必須

    グルテンとカゼインは腸の粘膜を刺激する グルテンフリー 小麦と乳製品を除去

    ヘム鉄 ヘム輸送体があるため、人の腸管から効率よく吸収される

    鉄 人からの排泄経路がなく、一度身体に取り込まれた鉄を積極的に排泄する経路がない

    血清フェリチン 貯蔵鉄を羽井
    肝臓や腸などの炎症や、ときにがんで上昇

    貯蔵鉄  1000mgで飽和 フェリチンで80-300ng/ml

    キレート鉄(フェロケル)でフェリチン1000になる

    鉄は人の身体にとってとても重要なミネラルですが、積極的な排泄ルートを持ちません。そして鉄の過剰は多くの弊害を起こすことがしられているので注意しなくてはならに

    植物性(ほうれん草、プルーン) 非ヘム鉄
    赤身の肉やレバー ヘム鉄

    オーソモレキュラーでは、タンパク質をATP産生に使わせないようにするのがポイント

    オーソモレキュラーにおけるカロリーのポイント
     生命活動に必要なエネルギーはATPから作られる
     三大栄養素のもっとも重要な意義はATPの材料を供給すること
     総摂取カロリーが少ないとタンパク質もATPの材料として消費されてしまい、オーソモレキュラーの効果がえられにくくなる
     ミトコンドリアのTCAサイクルは多くのATPを賛成する工場である
     TCAサイクルを回すためには糖質が必要な状態の人がいる
     ビタミンB群はTCAサイクルのあらゆる反応に関係する

    タンパク質欠乏 クワシオルコール
     肝臓から脂肪を運び出す蛋白が作れないために、飢餓にもかかわらず脂肪肝になる

    NASH 非アルコール性の脂肪肝
     腸内環境が悪化しているために、害のある物資や炎症性物質が肝臓に運ばれ、脂肪肝の原因となる

    肝臓 アセチルCoAから中性脂肪が合成され、この中性脂肪はおなじく肝臓で合成されるリポ蛋白質の一種によって血液に溶ける形になり血液中に取り込まれ、全身の組織でエネルギー源ととして利用するために運搬される

    亜鉛、ビタミンD、ビオチン、マグネシウム、カルシウムんだお、多くの栄養素のバランスの乱れでもインスリン分泌量が不適切になる

    大豆蛋白もに乳タンパクも、アレルギーが作られる危険性がある 対策 低分子加工

    生物にとって最も重要なATPの産生は、ビタミンB群の不足によって容易に低下してしまいます
     糖質代謝にはビタミンB1、脂質代謝にはビタミンB2、タンパク質代謝にはビタミンB6がとても重要な補酵素で、ATP産生の主役であるTCAサイクルにはあらゆるビタミンB群が必要です。さらに神経伝達物質の合成経路にも、ビタミンB群であるナイアシン、葉酸、ビタミンB6,B12などが必要

    本来ビタミンB群を効果的に効かせるためには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシンなどを単独でコーディングし、触れ合っても反応しないように工夫する必要があります。

    水溶性ビタミンであるビタミンB群の場合には製造過程でコスト削減のために水を使う場合には、完成品に表示通りの量がふくまれていないこともある

    血清鉄とUIBC(不飽和鉄結合能=鉄と結合していないトランスフェリン) 合計が300がベスト Fe 100、UIBC 200

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1964年神奈川県生まれ。福島県立医科大学卒業。横浜市立大学病院、国立循環器病センターを経て、1996年、痛みや内科系疾患を扱う辻堂クリニックを開設。2003年には日本初の栄養療法専門クリニックである新宿溝口クリニックを開設。オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)療法に基づくアプローチで、精神疾患のほか多くの疾患の治療にあたるとともに、患者や医師向けの講演会もおこなっている。

「2019年 『発達障害は食事でよくなる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門 (光文社新書)のその他の作品

溝口徹の作品

ツイートする