オリンピックと東京改造 交通インフラから読み解く (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
2.57
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334043728

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最初からイラつく内容でした。誇大に書かれているところや矮小化されているところがあるので、実態がどうなのか判断がつきにくい。また、自分の考えを交えて話が展開されているので、わかりにくい。もう少しオリンピックそのものと当時のインフラ整備について深く調査し、事実をしっかり押さえた上で自分の意見を展開しないと説得力が出てこない。全く学術的でない内容で、雑誌や新聞のゴシップ的なレベルの内容と言わざるを得ない。期待ハズレでした。

  • ポジティブかつ有形で計画的な「五輪レガシー」を残すことが議論の焦点となる。

  • 1964年のオリンピックの様子が事細かに書かれたり2020年のオリンピックとの違いや交通インフラについてなど、タメになるお話です。

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=334954

  • 東2法経図・6F開架 B1/10/966/K

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

川辺 謙一(かわべ・けんいち)
交通技術ライター。1970年三重県生まれ。東北大学大学院工学研究科修了後、メーカー勤務を経て独立。高度化した技術を一般向けにわかりやすく紹介している。著書は『東京総合指令室』(交通新聞社)、『図解・首都高速の科学』『図解・新幹線運行のメカニズム』『図解・地下鉄の科学』(以上、講談社)、『東京道路奇景』、『日本の鉄道は世界で戦えるか』(以上、草思社)『オリンピックと東京改造』(光文社)など多数。

「2019年 『東京 上がる街・下がる街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川辺謙一の作品

ツイートする