劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
4.18
  • (33)
  • (32)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 278
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334043735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルは挑発的だが、内容はごく真面目な論考である。

    本書で槍玉に挙げられているのは日本の50~60代の男性。なので、私自身(54歳)も年齢的には範疇に入る。
    ただし、本書における「オッサン」の定義は、次のような行動様式を持つ人である。

    1:古い価値観に凝り固まり、新しい価値観を拒否する
    2:過去の成功体験に執着し、既得権益を手放さない
    3:階層序列の意識が強く、目上の者に媚び、目下の者を軽く見る
    4:よそ者や異質なものに不寛容で、排他的

    私自身は、「1」についてはちょっと危ういが、それ以外はセーフかな。そもそも、「過去の成功体験」も「既得権益」も権力も持ってないし(笑)。

    1~4にすっぽりあてはまる困ったオッサンは昔からたくさんいたわけだが、たしかに最近、オッサンたちの劣化ぶりが白日の下にさらされる出来事が増えた。
    それはなぜかという背景要因を、著者はさまざまなデータやエピソードの積み重ねであぶり出していく。

    そして、①そういうオッサンにならないために何を心がけるべきか、②そういうオッサンに周囲がどう対処していくべきかという、二方向の「処方箋」を提示していくのだ。

    山口周の著作の多くは広義の「ビジネス書」だが、クズ本が多いこの分野にあって、金を出して読むに値する数少ない書き手の一人である。

    本書は、大局的な日本社会批評であると同時に、これからの時代にふさわしいリーダー論であり、組織論であり、さらには幸福論でさえある。

    会社員のみならず、私のようなフリーにとっても示唆に富む好著。

  • 【かわいそうな年代】
    わたしは50代、60代ぐらいの年齢になれば、どの世代にも発生する病気のように思っていましたが、そうではないようです。

    現在の50代、60代で発生している劣化状態ということです。

    確かに最近10代、20代が起こしそうな事件、不祥事を50代、60代が起こしています。年長者は経験豊富だから尊敬しなければだめだと教えられてきましたが、すべての年長者が尊敬に値するとは思えません。

    小さな積み重ねですが、毎日少しずつでも努力を重ねて生きた人間と何十年もあまり物事を考えずに生きてきた人間では10年、20年経つと大きな差になって現れます。
    今の50代、60代はあまり考えずとも生きていける上り調子の時代を過ごして来ました。

    上からの抑えがなく自分がやりたいようにできる団塊の世代が先頭をきり、道を築きました。そのあと今の50代、60代がそのレールに乗った状態で成長したと推測できます。別にそれが悪いということではなく、今の50代、60代はそういう時代を過ごし、苦労しなくてもうまくいく時代であったということです。苦労せずにうまくいくのに、わざわざ苦労をする人間は逆に頭がおかしいと言えます。

    ただ、時代は変化します。ひと昔前でも10年経てば社会は変化しています。特に最近は変化の速度が速いです。5年もすれば全く違う世界が現れている時代です。予想不可能な時代です。

    60代でよくキレている人を見かけますが、その気持ちもわからなくもないです。いままでと同じようにやってきたのに、この何十年と同じことを同じようにやってきたのに、なぜ最近うまくいかないんだ!このイライラがつのりキレてしまうのです。
    さらに、やっかいなことにその年代は年功序列で既得権が与えられており、それなりに敬れて生きてきました。しかし最近、時代に背を向けられているように感じてしまうのです。
    時代の変化に対応できていないということですが、変化が恐ろしく速いので無理もないと思います。

    もともと時代は複数の人を渡り歩きながら変化するため、一人の人が時代の先端を担う時間は短命です。ある人が一時期担い、次はまた別の人が担います。一人の人がずっと時代を牽引するわけではないのです。ここに時代の方が人よりも変化する速度が速い理由があります。
    しかし、最近この変化が速すぎるため、時代の変化に頑張ってついていく訓練をしていない年代は厳しです。変化に対応する筋力が備わることなく成長してしまっていますので、いまからではその筋力をつけることがむずかしいです。それが、今の50代、60代になります。

    しかし、時代の変化速度が加速しているので、普段から変化に対応することを鍛えている20代~40代でも、その速度に着いていけない人も発生してきます。50代、60代に比べれば少ないかもしれませんが、振り落とされる人は増加傾向にあると考えます。
    ただ、今の50代、60代のように年功序列で既得権を得ることもできないようになりますので、キレる三流の暴君も産まれなくなります。
    権力がない人が吠えても「老害」にはなりません。ただ、負け犬が吠えてるだけで、誰も相手にしないし、相手にしなくてもこちらが不利益を被ることはありません。見て見ぬふりをされるだけです。

    単純に年齢を重ねていることが、尊敬に値する時代は過ぎてしまいました。

    団塊の世代は人口でボリュームゾーンであり、上の人間がいない状況でした。彼らは上から文句を言われることなく先頭を走り、しかもそれを支える同年代の仲間が一番多い状態です。
    上がいないというのは改革を起こすという点においては非常に恵まれた状況です。好きなようにできます。したがって、国内の政治・経済は団塊の世代を中心に動いてきました。そして、いまだに既得権を死守している人が多数います。
    ただ、先輩方に意見を乞うことはできないので、自ら創りだしていく苦労はあったと思いますが、楽しかったと思います。羨ましいです。

    しかし、もう70歳になります。いい加減引退願います。いつまでも居られては次世代をダメにしてしまいます。

    若い人材を全力でサポートする側に回ってください。

    60代でも時代の変化に敏感な人はスマホ、SNSを使いこなし生き生きとしています。こういう人はキレる老人に比べれば圧倒的に「カッコイイ」です。

  • 『いけてないオッサン思考』が、何故生まれてしまうのかの背景と、そんなオッサンにどう対処するべきか、そしてそんなオッサンにならないためには、をまとめた一冊。
    キーワードは「オピニオン」と「エグジッド」。おかしい・間違ってると思ったことはきちんと言うこと、その上で付き合いきれない環境なのであれば脱出することが大事。
    今の日本に生きている中では、性年代に関わらず「オッサン思考」に陥る可能性は多分にある。自分はオッサン思考になりたくない!っと思っている方には、ぜひ読んで欲しい。おすすめ。

    ・この本で言う「オッサン」とは、特定年代の男性を指すのではなく、年代性別を問わず『①価値観が凝り固まり新しい価値観を拒否する』『②過去の成功体験に執着し既得権を離さない』『③階層序列の意識が強く目上に媚び目下を軽んじる』『④よそ者や異質なものに不寛容で排他的』といった特製をもった人を指す。

    ・青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心のありさまを言う。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯えをしりぞける勇気、安易を振り捨てる冒険心、これを青春と言う。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて人は老いる。サミュエル・ウルマン

    ・最近の若い者は・・・という愚痴はエジプト時代からあったが、もしろ最近では「最近の古い者は・・・」という嘆きが多い。

    ・努力して良い会社に入れば安泰・幸せになれるというオオキナモノガタリの中で成長し、仕事態度を形成する大事な20代の時期を過ごし、その後で盲信してたオオキナモノガタリが突如無かったことにされ梯子を外された世代

    ・アート=ワクワクするビジョンを描く、サイエンス=ロジカルな計画策定、クラフト=実行力、の3つが揃ってはじめて良い経営が実現できる。

    ・組織のリーダは構造的・宿命的に継時劣化する。構造的に大きな力を得るのは大量にいる3流に支持される2流。3流は2流は分かるが、1流はわからない。2流は1流を見抜けるが、1流を遠ざけて抹殺しようとする。1度2流がトップになると権益を保持するためにも、自分に媚びる3流を引き上げようとする。こうして世代が変わるごとにリーダーは劣化していく宿命にある。

    ・凡人は凡人しか育てられない。良質な経験を抜きにして、人材の開発・成長は考えられない。

    ・人は適当な時期で退くのも、社会奉仕。

    ・80年でガラガラポンが起きる法則。大政奉還1867⇒太平洋戦争終戦1945⇒2025に何が起きるか。

    ・知識やスキルの人的資本+信用や評判の社会資本=モビリティを高める

    ・オピニオンとエグジッドの欠如が年長者を甘やかす。言い換えるとフィードバックの欠如。フィードバッグがないと、人は成長しない。結果劣化したオッサンになる。オピニオンもエグジッドもしないということは、劣化オッサンの育成に加担しているということ。

    ・劣化おっさんの下で忖度する日々を過ごすと、そのとりまきもまた劣化おっさんになる。こうして劣化オッサンによる劣化オッサンが拡大再生産されていく魔のループが続く。

    ・4ステージモデル。春:0~25歳、基礎学力や道徳を身に付ける時期/夏:25~50歳、色々なことにチャレンジしてスキルと人脈を築くとともに、自分の得手不得手を理解する/秋:50~75歳、それまでに培ってきたものを軸に自分の立ち位置を定め、世の中に貢献していく時期/冬:75~100歳、余生を楽しむ時期

    ・年長者が実体験したことから得た知見に従うのが、かつては合理的だった。が、時代の変化スピードがあがり過去の知見が必ずしも通用しない、記録媒体の革新で年長者の知見に誰でもアクセスできる、寿命が伸びたことで長生きすること自体が珍しくない、という時代においては、年長者だから能力も見識も優れているという前提を手放さなければいけない。

    ・オッサンがなすべきなのは、サーバントリーダーシップ、支援型のマネジメント。

    ・日本にイノベーションが起らないのは、大それたことを考える若者が欠如しているというよりも、そんな若者を拾って支援して育てるサーバント型のオッサンがいないから。

    ・サーバントリーダシップには、実務的な知識よりも、物事の本質を問いかける教養が必用。

    ・長いこと有用な知識を身に付けたければ、その知識がどんぐらいの期間活用されているかに着目する。

    ・経験で大事なのは量よりも質。30年の経験があるは言い換えると1年間の経験と、その経験を29年繰り返しただけ、とも言える。変化を伴わない見せかけのチャレンジに自己満足しないように。

    ・大事なのは成功することでは無く、チャレンジすること

    ・現在挑戦していることは何かと問われて30秒も話せない人がほとんど

    ・良い経験を積める場所にオッサンが居座ることで、次世代が育たない。人材が育たないということは、良い業務経験を与えられていないということ。

    ・安定しているように見える状態であればあるほど、内側に大きな歪みのエネルギーが蓄積されており、破壊的な不安定が一気に襲ってくる。安定は不安定、不安定こそ安定。

  • 会社で不満を抱えながらも、仕方なく理不尽な上司に従っている若い人。あるいは報われなかったサラリーマン生活を嘆きながら、何の夢もなくただ定年を待っているような中高年にオススメしたい。きっとなんらかのヒントが得られるはず。

    個人的には南極探検隊の白瀬中尉を支援した大隈重信が、実は南極が寒いところだと知らなかったというエピソードが好き。

  • 働いている中年以降を示す単語として【オッサン】となるのが非常に日本らしいところでもあるな、と。
    サブタイトルのほうが本題といった印象。

  • この本で定義される「オッサン」、読んでいて自分の会社にも少ないながらいるなと思ってしまった。
    抵抗しないで不祥事が起きたら、それはしなかった側にも責任があるというのは、耳の痛いところだった。
    最後にオッサンへフォローしていて少々意外に思いつつ、確かにオッサンが元気に活動することも大切なのかと感じた。

  • タイトルは50代60代以上のオッサンを劣化したとディスるものなのかと思わせるものだが、中身は非常に示唆に富んでいて、オッサンより下の中堅、若手にこれからどうすれば良いかを論理的に説いている。
    タイトルで判断してはいけない。
    そして忘れてはいけない。
    今は中堅以下の人はそのまま学びも体験もせずに現状に流されていたら、確実に「劣化したオッサン」になってしまうことを。

  • 何かで勧められていて読んだ本。著者の主張もわかるけど、やや食傷気味な感じ。著者の分類では私はギリギリオッサンではないですが。後半は流し読み。ごめんなさい。

  • 世の中に大量にいる三流に支持されるのは二流の人間。二流の人間は一流を恐れ排斥しようとする。そして二流の人間がいなくなると三流の人間がトップになり、組織の経時劣化が起こるという話。凡人に天才は見抜けず、凡人は凡人しか育てられない。そのあたりは今私が世の中を目にする限りではそうかもしれないと感じる。

  • なんか最近この人の本ばっかり読んでる気がします。

    一言でいうとロスジェネのみなさんは経験がものを言うのに、その経験がないこと、時代が変わったことで問題になってますよ、という話。

    10年後に同じことを考える必要あり。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科前期博士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・人材育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループに参画。現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)、『知的戦闘力を高める 独学の技法』(ダイヤモンド社)など著書多数。神奈川県葉山町に在住。

「2018年 『武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50』 で使われていた紹介文から引用しています。」

劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか (光文社新書)のその他の作品

山口周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
デール カーネギ...
伊賀 泰代
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか (光文社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする