宇宙はなぜブラックホールを造ったのか (光文社新書)

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334043957

作品紹介・あらすじ

「ブラックホール」という言葉から、何を想像するだろうか。
銀河の中心には、必ずといってよいほどブラックホールがある。
しかも、その質量は非常に重く、太陽の質量の100万倍以上もある。
このようなブラックホールは〝超大質量ブラックホール〟と呼ばれているが、
それは、私たちが住んでいる天の川銀河(銀河系)にもある。
その質量は、太陽の400万倍である。
では、そもそもなぜ、ほとんどの銀河の中心に超大質量ブラックホールがあるのか――。
ブラックホールはいつ生まれ、どのように育ち、どのような運命を辿るのか。
そして、宇宙はなぜブラックホールを造ったのか。
現代天文学が描く、宇宙の過去・現在・そして鮮烈の未来予想図。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・6F開架:B1/10/989/K

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=338319

  • 興味深いが、読み物としてはやや難解。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

放送大学教授

「2018年 『銀河Ⅰ 第2版 銀河と宇宙の階層構造』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇宙はなぜブラックホールを造ったのか (光文社新書)のその他の作品

谷口義明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする