洋画家の美術史 (光文社新書)

  • 光文社
3.32
  • (2)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 134
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334045173

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2023.01.27 日本の洋画家の厳選解説本。ユニークな画家が日本もたくさんいることがわかる。

  • p.2021/4/10

  • #flier

  • 【印象に残った話】
    ・日本の近代洋画は、油絵として描かれていても、モチーフは極めて日本的な、いわば「鑑賞できるオムライス」のようなものだ
    ・近代洋画は以下の4つの時代に分けられる
     ・黎明期:西洋を見よう見まねで吸収した
     ・和製洋画の時代:より成熟していった
     ・昭和モダンの時代:西洋と日本の個性がぶつかり合って爆発
     ・日本フォーヴィスムの時代:独自の進化を遂げた
    ・それぞれの画家は他の画家たちからさまざまな影響を受け、独自の作風を生み出している
    【アクションプラン】
    ・以下の影響度合の三岸節子の作品を見て、彼女の作品の他の画家たちからの影響を鑑賞する
     ・菅野圭介40%、ジョルジュ・ブラック30%、ピエール・ボナール20%、三岸好太郎10%

  • 面白い。こんくらいの温度感が良いのと、著者所蔵作品を見れるのも楽しい。

  • もうちょと、絵をふやして

  • 東2法経図・6F開架:B1/10/1109/K

  • 西洋画家にくらべ、あまり知られていなかった洋画家にスポットを当てていて興味深い。以前に見た絵はこの画家の作品だったのか!と気づくものもあり、別の画家では同じモチーフを描き続けて模索した先にあるものなど垣間見られ、面白かった。

  • <目次>
    はじめに
    第1章  憬れの「舶来洋画」がやってきた
    第2章  成熟する「和製洋画」革命
    第3章  ニッポン独自の「昭和モダン」
    第4章  進化する「日本的フォーヴィスム」

    <内容>
    アートディレクターによる近現代の日本洋画家16人の紹介書。いわゆる美術史的な紹介ではなく、著者自らの思いがたくさん詰まった本である。一人当たり10ページ前後。高橋由一から三岸節子まで。最後にその洋画家が、影響を受けたであろう人物を円グラフで表示しているのが斬新。

  •  著者の好きな日本の洋画家の作品と人物をコンパクトに紹介したものである。

     ページの制約もあり、その紹介にやや物足りないところもあるが、カラーで、その色遣いの特徴はある程度掴めるし、どういった流派や先人から影響を受けているかをまとめた成分表の工夫は面白い。

     特に、長谷川利行、曽宮一念、鳥海青児、須田剋太(「街道をゆく」の挿絵を描いていた人というしか知らなかった)といった人たちは、ほぼ本書で初めてその画業を知ったので、是非作品を直接見てみたい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年東京都生まれ。東京・荻窪にあるブックカフェ「6次元」店主。フリーランスで美術や旅番組などのディレクターとして番組制作に携わり、これまでに訪れた国は40ヵ国以上。金継ぎ作家としてROKUJIGEN KINTSUGI STUDIOを立ち上げ、全国でワークショップを開催。著書に『古美術手帖 はじめての骨董』(玄光社)、『はじめての金継ぎBOOK』(光文社)、『村上春樹語辞典』(誠文堂新光社)などがある。

「2019年 『世界の本屋さんめぐり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ナカムラ・クニオの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×