「NO(ノー)」と言える日本―新日米関係の方策(カード) (カッパ・ホームス)

  • 光文社
3.28
  • (4)
  • (12)
  • (38)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 164
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334051587

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昭和の終わりから平成初頭の話題の本。県図書館の書庫から取り出してもらって読んでみた。当時の日米関係を背景にしても、日本が半導体を代表したハイテク産業をリードしているのだから日本は米国に「NO」と言えるぞ、言わなきゃいかん、という本。
    まともなことを言っているようだが、言っていたらどうなったか・・。今となっては技術的な優位も中国などに抜かれてそうだし、著者の石原慎太郎さんが尊敬した人物という源田実さんが「日本は結局大丈夫です、日本は守れますよ。・・中略・・日本はおそらく21世紀の四半分は大丈夫」(p.153)という時期もそろそろ迫って来ているので逆に不安になった。

  • 厳しい。世界に出なくては!

  • 錆びてません!

  • もう20年以上前の本です。元気がなく、閉塞感の溢れる今の日本だからこそ、この頃を立ち返り、何かを学びましょう。

  • こんだけはっきりものを言えるようになりたいです。

  • 日本の産業社会が力強く、アメリカの不動産等を買いまくっていた頃のものですね、今はずいぶん社会のシステムが疲弊してしまいました。

  • (1999.03.29読了)(1999.03.19購入)
    新日米関係の方策(カード)

    ☆石原慎太郎さんの本(既読)
    「太陽の季節」石原慎太郎著、新潮文庫、1957.08.05
    「亀裂」石原慎太郎著、新潮文庫、1960.11.30

  • ▼かつて一大センセーションを巻き起こした一冊。アメリカとの〝摩擦〟が顕在化してく当時にあって、確かに「けしからん」と思ったら「ノー」と言うべきなのだという主張が与えたインパクトは大きかったに違いない。また、それが被差別意識に起因する主張であれば、必要以上に感情的な論調になることも否めない(し、本書にその傾向が見られる箇所があることも否定はしない)。
    ▼しかし、「(アメリカに言うなら)自分ももう一度よく考え直し、日本がこれから世界の中で果たすべき基準を持つようにしなかればいけない(盛田)」「近い将来、日米関係の再定義の必要に迫られるだろう(石原)」といった洞察は、いたって冷静な思考から発せられた言葉であろう。
    ▼アメリカの軍事的優位を支える技術力。その技術力を提供していたのは日本だ。石原の言葉を借りれば、これこそ外交カードに使われるべき国力であったはずである(もっとも、現代においては、その技術力を支える資源が輸入されたものであるという事実を忘れてはならないが)。短期的には金融から得られる利益は大きいかもしれないが、長期的に見れば「ものづくり」の技術力の高さは決して失うべきではない財産のようである。
    ▼「『ノー』と言うべきときにはっきりと『ノー』と言わなければ軽くみられる(石原)」という指摘もごもっとも。しかし、まずは「アメリカに『ノー』と言えるためには、内なる日本にも『ノー』と言えなければならない(盛田)」という言葉を訓戒としたい。

  •  
    ── 盛田 昭夫&石原 慎太郎《「NO(ノー)」と言える日本 ~
    新日米関係の方策(カード)198901‥ 光文社カッパ・ホームス》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4334051588
     
    …… アメリカ人とキリスト教宣教師は各地の文化を消し去り、西洋の
    文化で取って替えようとしている(石原偏見説の一部 Wikipedia)
     
    ── 『「NO」としか云わない日本人オザワ(浜 矩子)。
     
     さあ、大きな節目が来ました。小沢一郎の逆襲です。この程、政治資
    金法違反をめぐる陸山会裁判で無罪の判決。これまでのウップンを晴ら
    すかの様に消費税反対で動き始めました。政治生命を賭けると表明して
    いる野田総理はどうなるのか?
     ゲスト;増田 寛也(元総務大臣)浜 矩子(同志社大学教授)
    MC;御厨貴 岡村 仁美(TBSアナウンサー)
    ── 《時事放談「小沢一郎の逆襲」20120429 05:30-06:15 TBS》
     
    (20120429)

  • もう20年も昔の本なのだな。ベストセラーになったというが、よく分かります。

    そもそも日本語がたいへん美しい、読みやすい。
    口述筆記的な文章で、なかなかこんなに綺麗な日本語使えないぞ。両名の教養の高さを感じる。
    国際社会を常に肌で感じる生活でないと持てない意見が多く、少なくとも私はそういう人間じゃないので、たいへん参考になります。

    盛田さんが日本は世界を同心円で捉えられていない、と論じていたけどまったく同感。
    これはあらゆる日本人集団に対して言えることだけど、日本人は「所属する」、「所属しない」でしか集団を捉えられないから面倒なことになる。そもそも、内包されることだけが所属ではないのに、そこを履き違えている御仁にもよく会う気がするなあ。

    いずれにせよ、21世紀の日本人も当時の日本人も変わりない。小手先の国際人が増えた分、当時よりタチは悪いかもしれません。

全17件中 1 - 10件を表示

盛田昭夫の作品

「NO(ノー)」と言える日本―新日米関係の方策(カード) (カッパ・ホームス)を本棚に登録しているひと

ツイートする