美しき凶器 (カッパ・ノベルス)

著者 :
  • 光文社
3.14
  • (3)
  • (10)
  • (22)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 133
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334070076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後まで一気読み。色々な登場人物が居て、場面の切り替えが多いので途中分からなくなったけど、最後は息もつかせぬ展開でした。最後までスリルたっぷり。いつもの頭使うような推理小説というよりかは、アクション多めの作品だったかな。人を人形のように捻り潰してしまう彼女は怖いけど、最後のシーンでやはり人間、女性なんだって思わされた。ぴーんと全部が繋がって素晴らしかったです。

  • 狂ったかのように、機械かのように、殺人を繰り返す犯人。怖かったけど、最後の最後で犯人がとても可哀想になってしまった。

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/2589232.html)
    「タランチュラ」を改題

  • 最後が圧巻だなぁ。

  • またしてもすごい女子キターーーー!!!

  • 陸上競技界に驚異のデビューを果すべく驚くべき方法で鍛え、造り上げられた最強の女性アスリート。彼女を造り上げた男は、医者でありドーピングの権威者でもあった。過去に彼のドーピング技術により、自己能力を超えた記録と名声を得た4人の元アスリート達が、ある事件をきっかけに、汚された過去を抹消しようと、彼の屋敷に忍び込むが、誤って彼を殺してしまう。この時から、美しきアスリートは復讐に取り憑かれた凶器と化す。しかし、連続殺人のサスペンス物は心が荒むねぇ。出来るなら美しきアスリートのまま活躍して欲しかったなぁ。

  • 推理モノっていうようりは、バイオレンス小説といった感じ。オチが読めるので、もうひとひねり欲しい。

  • カナダでドーピングしたオリンピック
    仲間が秘密を守る為にデータを盗みに
    入るが医者に見つかる。不意をついて
    拳銃を奪い撃ち殺す。家を焼き払うが
    ドーピングの最高作タランチュラが
    逃げ出して復讐。山中湖から世田谷まで自転車で向かう。途中、不良の車に
    乗り襲われるが返り討ちにし殺害
    重量上げの選手は真っ向対決。仲間の
    女に頭を叩かれた所お射殺
    女のマンション地下駐車場で一晩待つ
    が現れず。痕跡を残して次の敵へ
    陸上部のコーチは合宿所に逃げる
    仲間の女が引っ越し先をドアにはる
    タランチュラはタクシーで合宿所へ
    選手を拉致探しにきたコーチを槍で
    一刺し。都内に自転車で戻る途中、
    暴走族に絡まれる。リーダーを射殺
    ライターをしている男の昔のアパート
    で待ち伏せ。引越し先を知る。
    ライターの男は妻を逃がす。女の指示
    した場所にタランチュラを誘き出す
    ローラースケートで登場。
    車を飛越え、ドアに捕まる。
    女が銃で撃ち川に消える。ライターが
    女に近づくと撃ち殺された。警察が
    最後の一人を車から判明。
    妻は女の会いに行く。ナイフで襲い
    かかった瞬間、警察が止めた。
    地下駐車場でタランチュラ登場。
    妊娠している妻にベイビーと声をかけ
    た直後、刑事が射殺。
    女はドーピング中毒。母が果たせなかった夢を叶えたが、化け物になった
    タランチュラのドーピングは妊娠中絶
    の連続による筋肉強化。妊婦は子供を
    育てる為に筋肉増強されるエキスが
    出る。妊娠の相手は医者本人。

  • ハラハラ感があった。
    途中でどんでん返しの部分が読めてしまったけど、楽しめました。

  • 女は恐い(>_<)

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東野 圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。
1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。
代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。今後映画化が決まっている作品に2018年11月16日公開『人魚の眠る家』、2019年公開の木村拓哉主演『マスカレード・ホテル』、同年公開予定に玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。

美しき凶器 (カッパ・ノベルス)のその他の作品

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする