妖獣界 紅蓮児〈1〉 (カッパ・ノベルス)

著者 : 菊地秀行
  • 光文社 (1993年5月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334070434

妖獣界 紅蓮児〈1〉 (カッパ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 紅蓮の髪に、氷の眼。白刃の一閃で「敵」を倒した男は“用心棒”と呼ばれた。彼への依頼は、美少女・美知子を護衛し、箱根から小田原まで運ぶこと。しかしそこは、妖獣の支配する世界だった。二十一世紀初頭、日本は壊滅。突如異界より出現した妖物どもが跋扈し、人間が次々と変化する「妖獣界」と化していた。美知子の身体には妖獣化阻止の鍵が。襲いかかる異界の凄奇な魔獣、獰猛な超武装集団…、しかし箱根にはさらに恐るべき謎が。鬼気放つ美貌、漂う気配は悽愴。超人的なその力に秘められた過去。

     2003年5月28日再読

    削除

全1件中 1 - 1件を表示

菊地秀行の作品

ツイートする