クロスファイア〈上〉 (カッパ・ノベルス)

著者 :
  • 光文社
3.55
  • (66)
  • (113)
  • (238)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 793
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334073138

作品紹介・あらすじ

深夜の廃工場。三人の若者によって、男が水槽に投げ込まれようとしていた。それを目撃したOL・青木淳子は、念を込めて掌から火炎を放ち、瞬時に若者二人を焼殺した。彼女は念力放火能力を隠し持つ超能力者だった!若者たちに連れ去られた恋人の救出を瀕死の被害者に頼まれた淳子は、逃走した残る一人の行方を探すが…。警視庁放火捜査班の刑事・石津ちか子は、不可解な焼殺の手口から、ある未解決事件との類似に気付く。東京・荒川署の牧原刑事とともに捜査を開始したちか子の前に、新たな火炎焼殺事件が…!宮部みゆき、渾身の力作1200枚、ここに登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宮部みゆき…すごいなぁ。こんな荒唐無稽な話をリアリティある感じで書けるなんて。何度目かの再読なのに飽きない。飽きさせない。さすが。

  • 燔祭、クロスファイア再読

  • 2001.11

  • 念力で火をつけることができる主人公。残虐な犯罪者を次々に血祭りにあげていくけれど。。。

  • 宮部みゆきさんの初期の頃の作品。現代社会の中の超能力者を主人公にしていて、こんな作品も書いていたのかと幅の広さに驚きます。
    凄惨な事件や主人公の心の動きなどがリアルに描かれています。

  • 確かに「燔祭」の後日譚で、独立したエンタテインメント作品としても楽しめる。
    とはいえ、好戦的すぎないかなぁ。もちろんオモシロイんだけどさ。

  • 設定をのみ込むのに意外と時間がかかる。そういうのもアリなんだなぁと。

  • 「鳩笛草」に収録された中編「燔祭」の主人公、超能力者青木淳子のその後の物語。
    レビューは下巻にて。

  • 戦中3年10月注14日
    おもしろい!どんどんよめる

  • やはり、面白い。

    十年経っても、色褪せていなかった。

    超能力を媒介にしているが、ストーリーの根底にあるのは存在意義なのかな。

    下巻も、楽しみです。

全75件中 1 - 10件を表示

プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。
1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。
大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。
『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。

クロスファイア〈上〉 (カッパ・ノベルス)のその他の作品

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

クロスファイア〈上〉 (カッパ・ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする