撃つ薔薇―AD2023涼子 (カッパ・ノベルス)

著者 : 大沢在昌
  • 光文社 (2000年1月発売)
3.39
  • (2)
  • (3)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 48人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334073695

作品紹介

西暦2023年、東京は多国籍化・複雑化した組織犯罪が凶悪を極める灼熱の坩堝だった。警視庁は対策の切り札に潜入捜査専門の特殊班を新設。厳選された捜査員の中でも、最も危険なのが「涼子」だ。自分の過去を拒み、美貌を拒む彼女の捜査ぶりは、苛烈で非情だ。その過酷さ故二年に限定された勤務期間での、彼女への最終任務の指令は、謎の麻薬組織への長期潜入だった。巧妙に潜入した彼女を待つ、組織内での殺人、対立組織との激しい抗争。さらに狡猾な罠が彼女を狙う!敵は、味方は、組織のボスの正体は?そして絶望的な状況の彼女を救う愛の行方は!?迫力と哀切の長編ハードボイルド傑作。

撃つ薔薇―AD2023涼子 (カッパ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり好き~。最後、主人公の叔父!ナイス。

  • DC「UNDERCOVER A.D.2025 Kei」原著小說,著者名 大沢在昌/著 出版社名 光文社 発行年月 2000年1月 価格(税込)890円 ページ数/版型 372P 18cm シリーズ名 カッパ・ノベルス 内容(「BOOK」データベースより)
    西暦2023年、東京は多国籍化・複雑化した組織犯罪が凶悪を極める灼熱の坩堝だった。警視庁は対策の切り札に潜入捜査専門の特殊班を新設。厳選された捜査員の中でも、最も危険なのが「涼子」だ。自分の過去を拒み、美貌を拒む彼女の捜査ぶりは、苛烈で非情だ。その過酷さ故二年に限定された勤務期間での、彼女への最終任務の指令は、謎の麻薬組織への長期潜入だった。巧妙に潜入した彼女を待つ、組織内での殺人、対立組織との激しい抗争。さらに狡猾な罠が彼女を狙う!敵は、味方は、組織のボスの正体は?そして絶望的な状況の彼女を救う愛の行方は!?迫力と哀切の長編ハードボイルド傑作。内容(「MARC」データベースより)その苛酷さゆえ勤務期間二年に限定された警視庁・潜入捜査専門特殊班の捜査員、涼子。彼女への最終任務の指令は、謎の麻薬組織への長期潜入だった。99年6月刊の再刊。〈ソフトカバー〉

全2件中 1 - 2件を表示

撃つ薔薇―AD2023涼子 (カッパ・ノベルス)のその他の作品

大沢在昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

撃つ薔薇―AD2023涼子 (カッパ・ノベルス)はこんな本です

ツイートする