妖魔王―淫神編 (カッパ・ノベルス)

著者 :
  • 光文社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334074142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 千年に一度出現する「神」が“念法”の達人・工藤明彦に、妖艶な美女・結城みづほの護衛を依頼した。彼女を狙うのは、復讐のため超古代の神話世界から甦った恐るべき怨神。六分身した復讐者は次々に人間に憑依、妖魔と化して執拗にみづほを襲撃する。愛刀・阿修羅を揮い奇絶邪淫な魔力と戦う工藤は、必死に四匹の妖魔を斃す。一方みづほに対しても、「神」は理不尽な要求を―それは彼女を肉欲の坩堝に陥れた。残った最強の妖魔二匹の卑劣巧妙な攻撃に、工藤は最後の秘術を使うが、逆に身体の自由すら失い絶体絶命に!?「神」の目的は、ふたりの運命は?痛快無比な書下ろし傑作完結編。

    削除

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

菊地 秀行(きくち ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。
ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ59巻刊行中)「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)『魔海船』(全3巻)や「ナイト・キッド」(祥伝社刊文芸書・シリーズ3巻刊行中)など、著作は400冊を超えた。

菊地秀行の作品

妖魔王―淫神編 (カッパ・ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする