東北新幹線「はやて」殺人事件 (カッパブックス)

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334075583

作品紹介・あらすじ

十和田への帰郷を楽しみにしていた男が、東京・中野で、刺殺死体となって、発見された。男の名は、奥田豪。奥田を慕うスナックのママ・佐々木明子は、遺骨を持って、青森に向かった。「はやて13号」グリーン車の6A-奥田が乗るはずだった席には、謎めいた女が!奥田の過去の人間関係を探る明子に襲いかかる魔の手。そして、東京の女性弁護士が、同じ「はやて」の車内で、毒殺された。明子を追って、十和田に来た十津川は、産業廃棄物処理場をめぐるトラブルを知った。旅情あふれるトラベルミステリーに、胸を打つロマンと、社会的なテーマを盛り込んだ、巨匠渾身の最新傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 十和田湖周辺の土地の売買に絡む問題が原因の殺人事件が発生。殺された男は、東北新幹線「はやて」のグリーン切符を持っていた・・・。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東北新幹線「はやて」殺人事件 (カッパブックス)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする