名探偵を追いかけろ シリーズ・キャラクター編 (カッパノベルス)

制作 : 日本推理作家協会 
  • 光文社 (2004年10月20日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 31人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (510ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334075873

名探偵を追いかけろ シリーズ・キャラクター編 (カッパノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (収録作品)三毛猫ホームズの遺失物(赤川次郎)/名探偵エノケン氏(芦辺拓)/201号室の災厄(有栖川有栖)/燃える女(逢坂剛)/サインペインター(大倉崇裕)/血を吸うマント(霞流一)/虹の家のアリス(加納朋子)/カラスの動物園(倉知淳)/筆合戦(高橋克彦)/龍之介、黄色い部屋に入ってしまう(柄刀一)/鬼は外(宮部みゆき)/いつ入れ替わった?(森博嗣)/ハブ(山田正紀)

  • 2005年2月6日読了

  • <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334075878/yorimichikan-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4334075878.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a>
    <br clear="left">
     <b>永遠のヒーロー、それは名探偵  編集委員 山前 譲
     謎解きの中心に毅然として立つ名探偵のキャラクターは、
     百数十年間で不動のものだ。多くのものがこの世から消え去り、
     そして夥しいアイテムが新しく誕生してきたなかで、
     名探偵の颯爽とした姿はまったく古びていない。
     それどころか、ますます輝きを増しているかのようにさえ感じる。
     その名探偵の活躍を一冊にまとめたのが本書である。
     ここには2001年から2003年にかけて発表された13作が収録されている。
     すなわち、21世紀になって最初の名探偵の事件簿なのだ。
                           「編纂序文」より</b>

    赤川次郎・芦辺拓・有栖川有栖・逢坂剛・大倉崇裕・
    霞流一・加納朋子・倉知淳・高橋克彦・柄刀一・
    宮部みゆき・森博嗣・山田正紀
    13人の著者の手になる13人の名探偵の物語。

    まだまだ知らない名探偵がたくさんいるものだと改めて思う。
    物語は、誘拐身代金強奪事件で警察の目の前で札束が石ころに替わった謎を解く 森博嗣さんの『いつ入れ替わった?』がいちばん面白かった。
    初対面の名探偵でいちばん魅力的だったのは、爆弾を仕掛けられたバスの座席に平然と座って別の事件を推理する 山田正紀さんの『ハブ』の風水火那子だった。

全3件中 1 - 3件を表示

名探偵を追いかけろ シリーズ・キャラクター編 (カッパノベルス)はこんな本です

ツイートする