十津川警部「オキナワ」 (カッパノベルス)

著者 :
  • 光文社
3.75
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334075941

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後はあっさりと洗いざらい自白。

    十津川警部とか絡めずに、
    もっと沖縄の問題に絞って書いても良いんじゃないかと思った。

  • 売れっ子作家だと,どうしても多筆になる。
    西村京三郎と赤川次郎は多筆の筆頭だ。

    そのため,1つ一つの作品は,どうしても薄く浅いものが多くなる。
    逆に,薄く浅いので,軽く読め,通勤電車で読むには最適になる。

    そうすると,また買って読むことになる。

    オキナワは,民謡酒場,米軍基地と地位協定,銃の密輸の話題で社会性と文化性のにおいがする。

    日本人犯罪者が病気になったので,基地から外へ連れ出すところまでは描写されているが,
    ひき殺したと思われる米軍関係者の逮捕までは描写していない。

    人によっては中途半端なところでおわっていると感じるかもしれない。
    通勤電車で読む本の余韻としては,悪くはないと思うのだが。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

十津川警部「オキナワ」 (カッパノベルス)のその他の作品

西村京太郎の作品

十津川警部「オキナワ」 (カッパノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする