天使の爪 (上) (カッパノベルス)

著者 :
  • 光文社
3.31
  • (4)
  • (5)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334076122

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天使の牙上下の続きですね(^^)
    仕事がバタバタで時間を掛かって読んだけど、下巻も楽しみ(笑)

  • 昔に読んだ本。

  • アスカ第2弾!
    アスカのその後に会えて嬉しいね〜♪
    脳移植者が敵で出てくるし、
    相変わらず警察官僚やらのいざこざがすごいや。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『覆面作家』『俺はエージェント』『爆身』など。

「2018年 『ニッポン泥棒(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天使の爪 (上) (カッパノベルス)のその他の作品

大沢在昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする