狂い咲く薔薇を君に 牧場智久の雑役 (カッパ・ノベルス)

著者 :
  • 光文社
2.83
  • (0)
  • (2)
  • (33)
  • (1)
  • (4)
本棚登録 : 58
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334076313

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マジカルミステリー劇場…!?

  • 読みやすいです。
    がんばれ主人公!
    イラストに反して学園物の割に事件がこわいね。

  • これもアンソロジーで知ったもの。3つの連作短編集。しかしタイトルがすごいよな。マンガ原作のために作られたからなのか、絵がないとちょっと分かりにくい感じ。つーか、イラストがもうマンガみたいな感じ。ヤング向け?しかしタイトルがすごいよね。ちょっと読みにくいというか、分かりにくい。もうこの人は読まなくていいな。

  • (収録作品)騒がしい密室/狂い咲く薔薇を君に/遅れてきた屍体

  • サブタイトル「牧場智久の雑役」というだけあって、彼の立場が微妙ですね。ちょっとコミカル、だったりもする、適度に軽めの短編集。ちなみにあとがき読むと、この作品に関するいきさつが明らかになります。
    好きなのは「騒がしい密室」。犯人は分かったのだけれど、それだけ。海人君レベルの推理でした(笑)。傘の謎には気づいたけれどね。

  • フツーに青春推理もの
    主人公が惚れる女の先輩が可愛い
    でも、後輩の男の子の気持ちをもてあそんでいますね


    24.7.17再読

    また、同じ本だけど最後まで楽しめる記憶力のなさ

  • 2006年5月1日読了

  • ライトな学園ミステリ。メタ、もしくはじっとり暗い作風のものしか読んだことがなかったので若干びっくり。でもうれしいびっくり(笑)

  • 轟音鳴り響く密室、薔薇に込められた殺意、腹部を抉られた死体…。明峰寺学園高校1年生の津島海人は、1学年上の憧れの先輩・武藤類子とともに、学内で起こった難事件に立ち向かう。恋敵・牧場智久におくれを取らないために!

  • 牧場さん久々。元の経緯のせいで、作者らしくない学園ミステリーに仕上がっておりますが、この学園の今後を勝手に心配しております。事件起き過ぎ。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年、兵庫県生まれ。22歳の時中井英夫の推薦を受け、雑誌「幻影城」に『匣の中の失楽』を長編連載、作家デビューする。2016年末の数々のミステリ・ランキングに『涙香迷宮』が上位ランキング、2017年度第17回ミステリ大賞を小説部門で受賞。作品に、『囲碁殺人事件』『しあわせな死の桜』『凡虚学研究会』他多数。

「2018年 『フォア・フォーズの素数』 で使われていた紹介文から引用しています。」

狂い咲く薔薇を君に 牧場智久の雑役 (カッパ・ノベルス)のその他の作品

竹本健治の作品

ツイートする