事件の痕跡 最新ベストミステリー (カッパ・ノベルス)

制作 : 日本推理作家協会 
  • 光文社 (2007年11月20日発売)
2.86
  • (1)
  • (0)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
  • 26人登録
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (490ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334076689

事件の痕跡 最新ベストミステリー (カッパ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◆私はこうしてデビューした――蒼井上鷹(「小説推理」'05.7月号より)
    ・・・サイトで小説を公開したところ、狛江と名乗る人物がファンだといって感想を毎回送ってくる。最初は嬉しかったのだが、いつのまにか合作しようという話になっていて・・・。
    ◆女交渉人ヒカル――五十嵐貴久(「問題小説」'04.7月号より)
    ・・・絶世の美女である山口ヒカル警視だが、同時に彼女はもっとも下品で暴力的、酒とタバコに意地汚い。そんな彼女が今回交渉人として相手をするのは、内科の診察室に立てこもった男だった。
    ◆五つのプレゼント――乾くるみ(「小説推理」'06.12月号より)
    ・・・叔父である林茶父(はやしさぶ)とバス停でばったり会った仁美。そして15年前に爆弾で死んだ大学時代の友人の事件の話を聞かせてもらう。
    ◆玉川上死――歌野晶午(「ミステリーズ!」'04.7月号より)
    ・・・青春の思い出にと、バカなことをやっては映像に撮っていた高校生達。今回のチャレンジは、死体のフリをして玉川を泳ぎ切ること。しかしそのチャレンジの最中、カメラを回していた2人が殺された。
    ◆ツルの一声――逢坂剛(「小説新潮」'06.5月号より)
    ・・・アダルトビデオの訪問販売をしている青柳周六は、<骨董商・大無人>を訪れた。しかし中にいたのは年配の女性・二本柳ツル1人で・・・。
    ◆コパカバーナの棹師・・・・・・気取り――垣根涼介(「問題小説」'04.4月号より)
    ・・・人を殺した柏木真一は女を置いてブラジルへやってきた。そこでたまたま会った日本人母娘は、なんだかもめているようだった。
    ◆ラスカル3――加藤実秋(「ミステリーズ!」'06.20号より)
    ・・・アレックスが通っている「二宮ジム」の会長が賭場に通ったあげく一千万円の借金をかかえてしまい、返済能力が無いとみなされ島津という男に拉致されてしまったという。
    ◆通夜盗――佐野洋(「小説宝石」'04.1月号より)
    ・・・ここ最近、通夜で一課が出かけている間に泥棒に入る”通夜盗”が多発しているらしい。同じ課の富岡の母親が亡くなったと聞いた時、そのことを思い出した富岡は自分も通夜盗になることを決意する。
    ◆ほころび――夏樹静子(「オール讀物」'04.5月号より)
    ・・・亭主関白な夫の様子がおかしい。さっきのニュースでやっていた殺人事件で殺された女性は、夫と関係があるのだろうか?
    ◆二度とふたたび――新津きよみ(「小説宝石」'06.12月号より)
    ・・・出来心からマカロニを万引きしてしまった史子。しかし店を出た直後、高校の吹奏楽部で後輩だった佐野こずえに声をかけられる。万引きは咎められなかったが、彼女はその後、何かと接触をはかってくるようになる。
    ◆世界の終わり――馳星周(「小説すばる」'06.10月号より)
    ・・・僕とジャック・ラッセル・テリアのレオはいつも一緒。ある日バイクで遠出し、備蓄基地の柵を越えたところで、レオが骨を見つける。
    ◆希望の形――光原百合(「小説NON」'04.11月号より)
    ・・・初めて会ったセーラー服姿の女に妙なことを頼まれた俺。自分のカレシのふりをしてくれだって?
    ◆ヒロインへの招待状――連城三紀彦(「小説推理」'05.2月号)
    ・・・元カレが結婚式の招待状を送りつけてきた。豪華ホテルにディナー付きでタダで泊まれることから友達2人と参加することにしたのだが・・・。

    以上13編のアンソロジー。「ほころび」と「二度とふたたび」が好き。

    ◆ほころび・・・夫の暴挙に耐える妻を演じながら、実は・・・という、ざまあみろ的な展開と結末が好き。
    ◆二度とふたたび・・・”二度目”は怖い、ということでうまくまとめたなと。

  • 最近ミステリー小説にはまりつつあって。
    13作、どれも短編なのにそれぞれ持ち味があっておもしろいし読みやすかった。
    でもこれを機にこの作家さんの別の本を読みたい!とまではならなかったな。

  • 楽しめたのは蒼井上鷹と佐野洋くらいかな。あとはいまひとつ。

  • ミステリーというか…


    うーん、物足りなかった。

  • (収録作品)私はこうしてデビューした(蒼井上鷹)/女交渉人ヒカル(五十嵐貴久)/五つのプレゼント(乾くるみ)/玉川上死(歌野晶午)/ツルの一声(逢坂剛)/コパカバーナの棹師…気取り(垣根涼介)/ラスカル3(加藤実秋)/通夜盗(佐野洋)/ほころび(夏樹静子)/二度とふたたび(新津きよみ)/世界の終り(馳星周)/希望の形(光原百合)/ヒロインへの招待状(連城三紀彦)

  • <table style=\"width:75%;border:0;\" border=\"0\"><tr><td style=\"border:none;\" valign=\"top\" align=\"center\"><a href=\"http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334076688/yorimichikan-22/ref=nosim/\" target=\"_blank\"><img src=\"http://ecx.images-amazon.com/images/I/5137oOVYG9L._SL160_.jpg\" alt=\"事件の痕跡 最新ベストミステリー (カッパ・ノベルス)\" border=\"0\"></a></td><td style=\"padding:0 0.4em;border:0;\" valign=\"top\"><a href=\"http://blog.fc2.com/goods/4334076688/yorimichikan-22\" target=\"_blank\">事件の痕跡 最新ベストミステリー (カッパ・ノベルス)</a><br />(2007/11/20)<br />日本推理作家協会<br /><br /><a href=\"http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334076688/yorimichikan-22/ref=nosim/\" target=\"_blank\">商品詳細を見る</a></td></tr></table>
    <blockquote><p><strong>名探偵ものあり、犯罪小説あり、サスペンスものやノワールあり…。「事件の始まり」をめぐるミステリーの歴史を再認識させ、現代ミステリーの事件に対するアプローチの多彩さを示す、バラエティに富んだアンソロジー。</strong></p></blockquote>
    <blockquote><p>  蒼井上鷹→私はこうしてデビューした
      五十嵐貴久→女交渉人ヒカル
      乾くるみ→五つのプレゼント
      歌野晶午→玉川上死
      逢坂剛→ツルの一声
      垣根涼介→コパカバーナの棹師・・・・・気取り
      加藤実秋→ラスカル3
      佐野洋→通夜盗
      夏樹静子→ほころび
      新津きよみ→二度とふたたび
      馳星周→世界の終わり
      光原百合→希望の形
      連城三紀彦→ヒロインへの招待状</p></blockquote>
    さまざまなテイストで飽きさせない一冊である。
    どの作品も、ミステリとしての、よい意味での裏切られ感はいささか足りない気もするが、まあ愉しめた。

  • <DIV style="background-color : white ;color :black ;padding : 8px 8px; border : 1px inset #ddd; margin : 0px 5px;">ほとんど読んだことのない人ばかりなので試しの意味で手に取る。『私はこうしてデビューした』は壊れっぷりが面白かった。が、他はどうも…。短編らしく、あまりネタを詰め込んだ感のないさわやかさを感じた佐野洋くらいか。</DIV>
    <table><tr><td>『私はこうしてデビューした』</td><td>蒼井上鷹</td></tr><tr><td>『女交渉人ヒカル』</td><td>五十嵐貴久</td></tr><tr><td>『五つのプレゼント』</td><td>乾くるみ</td></tr><tr><td>『玉川上死』</td><td>歌野晶午</td></tr><tr><td>『ツルの一声』</td><td>逢坂剛</td></tr><tr><td>『コパカバーナの棹師…気取り』</td><td>垣根涼介</td></tr><tr><td>『ラスカル3』</td><td>加藤実秋</td></tr><tr><td>『通夜盗』</td><td>佐野洋</td></tr><tr><td>『ほころび』</td><td>夏樹静子</td></tr><tr><td>『二度とふたたび』</td><td>新津きよみ</td></tr><tr><td>『世界の終わり』</td><td>馳星周</td></tr><tr><td>『希望の形』</td><td>光原百合</td></tr><tr><td>『ヒロインへの招待状』</td><td>連城三紀彦</td></tr></table>

  • 2008年6月14日読了

  • 只今、読書中…

全11件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
米澤 穂信
宮部 みゆき
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
湊 かなえ
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
有川 浩
米澤 穂信
湊 かなえ
米澤 穂信
海堂 尊
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする