獅子の門 人狼編 (カッパ・ノベルス)

著者 :
  • 光文社
3.87
  • (3)
  • (15)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334076894

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初期とは随分印象が変わってきたが、日本格闘技界の変化にあった変わり方なのだろう。次巻完結との事、長かった。。。

  • シリーズ7作目。いったい誰を主役にしたいんですかねー。そもそも日本人ってこんなに強いんですか?外国人が登場して強かったりしたら、それこそ面白みがなくなるのでこのままでいいんですけど、終着点どこなんですかね。羽柴VS重明でしょうけどどちらにも思い入れが強くて、戦いはじめるところで「完」とかになりそう。ロッキー2みたいな感じで。

  • 怒涛の格闘大河小説、第七巻。武林館の総合格闘技トーナメント開幕!リザーバーの鹿久間源と鳴海俊男は、初戦を勝ち上がれるのか…

    煮ても焼いても喰えそうもない曲者の鹿久間源が面白い。恐らく、オリンピックに出場し、突然、引退したあの元柔道選手がモデルだと思うが。

    羽柴彦六と久我重明の邂逅…いよいよ次が最終巻。

  • 面白いキャラが集まってきた.ガンガン戦って欲しい.

  • 相変わらず面白いんだけど第1巻が出たのが1985年、前巻(第6巻)が出たの2006年となると、さすがに内容を覚えていない。第1巻から読み直したくなる。後書きには次巻(8巻)で完結させると書いてあるが、今頃になって新キャラを登場させるようでは望み薄であろう。準主人公的キャラが次々と登場し、彼らのサイドストーリーが際限なく語られていく。動きを見せぬ主人公は今回ついに登場せず。小説としての構成は既に破綻しているが読まずにはいられない。一卵性双生児とも言える「餓狼伝」の次巻早期刊行を望む。

  • 2011/12/17購入
    2016/4/16読了

  • 2010.06.05 (44) 30分で読了。夢枕獏はキマイらが初めて出たときからずーっとフォローしているが、この簡単に読める、同じような話だが飽きない、と言う技は素晴らしい。

  • 久しぶりの「獅子の門」でした。あまり久しぶりすぎて、これまでの展開や登場人物を忘れてしまっていたので困りました。(^^;

    それなりに面白いのですが、これまでの夢枕獏さんの格闘小説と比べるとギラギラしたところが薄れてしまっていたのが残念でした。

  • また、強い漢が出てきた。2010年4月30日から一気に2日間で読む。(読み終わったのは金沢から名古屋行きの名鉄バスの車中)、最後の終わり方がまたいい。次の羽柴彦六と久我重明の闘いが早く読みたくなる。

  • かくまげんが可愛いのお。
    あと1巻で完結するってかいてあるけど、信じる人は殆どいないと思われる。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1951年神奈川県生まれ。東海大卒。77年「カエルの死」でデビュー。『キマイラ』『闇狩り師』『サイコダイバー』『陰陽師』などの人気シリーズを持つ。『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞。『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞。『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞。近年、菊池寛賞、日本ミステリー文学大賞を受賞。18年、紫綬褒章を受章。

獅子の門 人狼編 (カッパ・ノベルス)のその他の作品

夢枕獏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする