平泉・早池峰殺人蛍 (カッパ・ノベルス)

著者 :
  • 光文社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334077112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 平泉には行っとかなくてはならない、と思った。

    男と女の恨みつらみは、何十年たっても消えることはない・・・。

  • 平泉、というところに魅かれて読んでみました。
    最後に中尊寺に行ってからは軽く20年くらい経つし
    毛越寺に至っては記憶がないころに行った(はず)てな感じなので
    改めて平泉近辺に行ってみたくなった。
    平泉から北に向かったのが個人的には新鮮。
    猊鼻渓とか出てくるかなーと思ってたのにな。ちょっと残念。

    登場人物があと20歳くらいずつ若くても話としては成立したかも。
    お互いに40年も憎み続けるとか、
    還暦過ぎのおっさんが若い娘に殺したいくらい執着するとか、
    まぁあるんだろうけどなんでだか違和感を感じた。
    あっそうか。プライド高いんだ。だったら納得。

  • そんな動機で何十年も恨みを持ち続けて
    人を殺すかと、思わないこともないが、
    そう言う細かいことは置いといて
    安心して読める定番の道原モノ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

「2019年 『黒白の起点 飛騨高山殺意の交差』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

ツイートする