伊良湖岬殺人水道 (カッパ・ノベルス)

著者 :
  • 光文社
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334077198

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 姉の結婚式に出席するため、安曇野に帰省した相沢啓一郎が刺殺された!
    刑事・道原伝吉は、啓一郎の交際相手が山野辺由夏であることを突き止める。
    アリバイは確認されたが、彼女は3年前に発生した「探偵事務所長殺人事件」の関係者だった。
    そんななか、ふたつの事件の試料に一致する物が見つかって―。
    相沢はなぜ、誰に殺されたのか?
    由夏と事件との関わりは!?
    被害者の足跡を辿って、道原伝吉は伊良湖岬へ向かった!
    (アマゾンより引用)

    ラストシーンがイマイチ意味が分からなかったんだけど…

  • 梓林太郎は、文章が適格である。
    章の途中で物語を反芻してくれる。海外ミステリーだと、人物表が必要だ。

  • 今回はとうとう山が出てこなくなった(ような気がする)。
    そして、今回は珍しく(爆)こいつが怪しいと思ってた奴がホントに犯人だった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

「2019年 『黒白の起点 飛騨高山殺意の交差』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

伊良湖岬殺人水道 (カッパ・ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする