反文学論 (光文社文庫)

著者 : 栗本慎一郎
  • 光文社 (1984年9月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334700249

反文学論 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 筒井康隆、半村良、フィリップ・マーロウ、フィリップ・K・ディック、カート・ヴォネガットらの作品について論じた本です。また、吉本隆明のバタイユ批判に対してバタイユを擁護した文章も収められています。

    どのエッセイも、著者の理論の応用問題として書かれているようなのですが、肝心の著者の理論についてあまりよく分からないこともあり、理解できないところも多くありました。

    どうやら著者は、意識に対する「外部」を設定するような発想を退け、「生命」というより包括的な立場に立つべきだと考えているようです。著者は、そのような立場に立つ思想家として、バタイユを高く評価しています。

    そうした立場から、批評は「表層」の次元にとどまるべきだとする蓮實重彦を批判し、また、個的存在の意識を超えたところから物語を構築しようとしている半村良の作品世界を「SF」ならぬ「FS」(Ficticious Science)として理解するといった主張が展開されています。

  • 07031
    02/11



    07032
    02/12
    ※廃番
    「哲学入門」鰺坂真 1992 学習の友社

     社会主義思想にやや傾いた本。


    07033
    02/12
    ※「燃えよ剣」司馬遼太郎 1998 文春文庫

全2件中 1 - 2件を表示

栗本慎一郎の作品

反文学論 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする