消えたタンカー (光文社文庫)

著者 : 西村京太郎
  • 光文社 (1985年5月発売)
3.44
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334701451

消えたタンカー (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原油を満載したマンモスタンカーが炎上し沈没。乗船していた32名中6名が奇跡的に救出される。
    だが、この生き残った6名は何者かに命を狙われており、警察の必死の捜査にも関わらず次々と殺害されてしまう。

    生存者が殺害されるというショッキングな事件の幕開け、しかもなぜ?誰に?という疑問を考える暇もなく矢継ぎ早に事件が起きて、一気に混乱の渦中に引き込まれました。

    作中で警察は決して無能ではなく、最大限の努力をしているのも良いです。
    生存者の6名は協力的でない上に犯人もかなり巧妙に動いており、事件を防げない不自然さがありません。
    6人だけでなくその家族まで躊躇いなく殺害してしまう情け容赦ない犯人の恐ろしさが際立っていました。

    犯人と十津川警部補の緊迫した攻防が落ち着くと、事件は壮大なスケールへと展開していきます。
    世界に波及するほど大きくなる事件にどう決着をつけるのかと思いましたが、あくまでも犯罪を追う一人の刑事の視点から描いており、刑事ものの枠を外れなかったのが良かったです。ラストの十津川警部補と犯人の対決もスリリングでした。

    地道で堅実な捜査をする十津川警部補がマンモスタンカーの謎という派手な事件に挑む素晴らしいエンターテイメントだったと思います。

    ネタバレ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












    32名の中には嫌でも言い出せなかった者もいたかもしれません。広大な海上での孤独と閉塞感というのはここの所にも影響していたのではないでしょうか。

    また、生存者とされた6名全員、一週間以内にブラジルへ行かなければならないという約束は難しいものだと思いました。日本で話題になっている最中、一人二人ならまだしも、一週間で全員ブラジルへいったら怪しまれそうです。

    河野は多少遅れたもののきちんと出発したのに殺害されたというのは厳しいと思いましたが、雇われた殺し屋というヒントとして捉えることも出来たのかも。

    雇われた殺し屋なんていうのは殺人事件の犯人として追いかけるのはとても大変でしょう。
    しかし、ここに車の所有者である望月という人物を充てたのには意表を突かれました。想像しにくい「殺し屋」なんていう存在が一気に形を持って突き出された感じです。

    ダミーに元自衛隊の赤松を充てたのも上手い。あまりの手際のよさに犯人はプロだろうというのは気づきますが、元自衛隊となると信憑性があります。

  • 炎上したタンカーの乗組員の生き残りが殺される。なぜ殺されたのか、犯人は誰なのか。秘密裏に捜査を命じられる十津川だったが手がかりがないまま次々と殺されてしまう生き残り。一部はブラジルへ渡航したり太平洋をクルーザーで渡ったり・・・いったい彼らが隠している秘密とは何なのか?そして真犯人は。

全2件中 1 - 2件を表示

消えたタンカー (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

消えたタンカー (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする