伊達政宗 (1) (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.64
  • (8)
  • (9)
  • (22)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334702892

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (1987.01.14読了)(1987.01.06購入)
    内容紹介 amazon
    天下のダテ者・独眼龍の反骨と才知の全生涯信長が天下に覇を唱え、長い戦国に一筋の光明が見え初めた頃、奥羽に梵天丸のちの独眼龍政宗が誕生。十歳で元服、愛姫と結婚、家督相続後、大内・畠山らと激戦!

  • 僕の中で伊達・徳川・毛利関係はあまり読む気にならなかったのですが。伊達はなんかパッとしない印象があって。実際の伊達は派手だったようですけど。中央から離れてしまっていたのが現代に残るイメージも小さくなっているのかも。最近はかなり取り上げられてるからファンも多いんでしょうね。

  •  とりあえず奥州筆頭(笑)の基本中の基本は読んでおこうと思いまして。確か前回のブームの時に読んだような覚えはあったんですけど。

     さくさく読めます!素晴らしい!読もうかどうしようか、1巻の冒頭をぱらっと立ち読みしただけでもう手放せなくなってしまいました。おもしろーい!
     でも、頭の中で政宗は、やっぱり渡辺謙なんです…。中井和哉さんの声ではしゃべってくれません。恐ろしいインプリンティング。

  • 有名ですし、政宗好きなら読んでおくべきかな、と思うけど別にめちゃくちゃ好きなわけではないのでいいや、と思ってます。なので2,3巻くらいまで読んでそのまま。何も読むものが無い、することが無い!とかそういう状況にならないと読もうと私は思わんですね。山岡さん、あなた結局家康が好きなのでしょう?と問いたくなる。私は読んでいて陰鬱とした気分になってくるので好きではないです。同情はするけど政宗が好きになれない。

  • 伊達政宗関連では非常に有名な一作。
    政宗を始めとする登場人物たちの生き生きとした人柄が素敵です。

  • 毒殺未遂のシーンが切ないです。弟を斬るときの台詞が哀れでなりません。

  • いわずと知れた大河の原作。政宗の後半生がしっかり描かれる。柳生との禅問答は見事。

  • 全6巻。大河ドラマの独眼竜正宗に触発されて購入し、一週間で一気に読み終えた。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

昭和13年、懸賞小説に入選し文壇デビュー。昭和25年から新聞に『徳川家康』を連載開始。連載期間は18年にも及び、「経営トラの巻」としても多くの読者を獲得した。

代表作:『新太平記』『伊達政宗』『坂本龍馬』『小説太平洋戦争』等多数。

「2017年 『横山光輝戦国武将列伝 徳川家康VS.石田三成 関ヶ原の戦い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊達政宗 (1) (光文社文庫)のその他の作品

伊達政宗 1 単行本 伊達政宗 1 山岡荘八

山岡荘八の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする