西洋骨牌(かるた)探偵術 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334703943

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  死んだお兄さんの遺品にあったタロットカードから、独学で占い師を始めた鍬形修二さんが探偵役の短編集。
     修二さん、占いの腕はさっぱりだけれど、推理でお客の悩みや事件を解決するのに、でも自分に自信がない、ていうよく分からないキャラ。
     何ていうか…、このお話が書かれた時代だったら、就職難でもないだろうに、不思議な生き方だなぁ、て思う。
     物価が今とは違うとはいえ、占いの基本料金が500円だし。
     生活!!

     謎解きはおもしろかったけれど、キャラが不思議過ぎた。

     あと、後半2話は修二さんとは関係ない話でした。
     何の前触れもなく違う話が入ってて、最初わけが分かんなかった。

  • なかなか面白かった。
    所々に時代を感じれる部分もあってそういう意味でも読んでいて楽しかった。

  • 連作短編です。
    銭型修二は死んだ兄の書斎でタロットカードを見つけ、カード占いを商売にするのですが、これが独学のにわか占いなのに良く当たるのです。
    はっきり言ってやる気のあまりない探偵役です。
    気に入った面白い話は「肝臓プール」と「亭主がだんだん増えていく」と「赤い蛭」と「空前絶後・意外な結末」です。
    最後の2編は鍬形修二の話ではないです。
    最後に載っていた「空前絶後・意外な結末」は本当に意外な結末で驚きました。
    そうきたかって感じです。
    これぞ都筑先生って感じです。

  • 軽い読み物。
    時代がよく出る、女性の台詞の言い回し。
    西洋骨牌、タロットカードを使って占い屋を始めたけれども、
    素人なもので、占ってもらいに訪れる人の心配事、相談事を聞いて、放っておけず、探偵業をしてしまう、という。
    最後の二話はそれとはまた別の話だった。
    こういう組み方したのねぇ、昔。

全4件中 1 - 4件を表示

西洋骨牌(かるた)探偵術 (光文社文庫)のその他の作品

都筑道夫の作品

西洋骨牌(かるた)探偵術 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする