喰いちがった結末 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334706913

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このタイトルは、収録作品の一つのタイトルなのだけど、全編通して読んだ感想は、全てが色々な意味で「喰いちがっている」ということ。
    それが、登場人物同士なのか、読者の予想なのかは物によるけど。

    「多面体のあなた」→最初はありきたりな内容だと思ったけど、最後になって、見えていた事件の全容がひっくり返るのが快感。
    「臭い仲」→こんなアリバイトリックは見たことが無い。加納かどうかはさておき、こちらもどんでん返し。
    「演技の報酬」→結末は分かりやすいんだけど、そこまでじっくりと読ませる力が凄い。
    「幸運な男」→なんとも人を食ったような結末。犯人が仕掛ける罠がひっくり返るあたり、ニヤリとさせられる。
    「もう一人のわたし」→サスペンス的な展開で読ませ、最後の最後で背筋がゾクッとする怖い結末。どんでん返しだらけ。
    「恥さらしな死」→腹上死を必死で偽装する女三人、というスラプスティック的な展開なのだけど、ほんの少しの瑕疵から理詰めで真相が明らかになるのが面白い。そしてこちらもなかなか悪意のある結末。
    「つかめない尻尾」→「多面体のあなた」の対ともいえる展開。ここまでするか……とやっぱり怖くなる。
    「喰い違った結末」→登場人物は三人と少ないのに、最後まで物語の見え方がくるくると変わっていくのが面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

海渡英祐の作品

喰いちがった結末 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする