北能登殺人事件 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334707170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いろいろな人間像があるが、一番利益を得るのが誰がが不明なまま話が進む。

    日下刑事がほぼ主人公である。
    同じ列車に乗った女性との関わりが最後まで不明確なところが味噌かもしれない。

    北能登の地名と鉄道に詳しくなれる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北能登殺人事件 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする