白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)

著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (1990年4月1日発売)
3.15
  • (65)
  • (206)
  • (613)
  • (130)
  • (24)
  • 本棚登録 :2753
  • レビュー :230
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334711221

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雪の山荘、マザーグース、暗号、密室、ワクワクする設定が勢ぞろいなだけにもったいなく感じた作品。
    面白くないというわけではないが、パンチが足りない。

    暗号に重きを置き過ぎて人物や背景が深く描けていない気がした。
    だから、犯人がわかっても驚きもなかった。
    肝心の暗号も読者で解けた人はいるのだろうか…
    あれは難しすぎるというか考えつく人いないような。

    しかし、プロローグの謎を最終章で上手く回収し、エピローグまでドラマチックに盛り上げドキドキさせてくれたのはさすが東野さんだ。

    この作品があったから、「仮面山荘殺人事件」や「ある閉された雪の山荘で」が生まれたのだろう。この2作品好きだ。

  • エラリークイーンを彷彿とさせる展開、そして最後にアッ!と唸らせる展開。これぞ、東野って気がするな。

  • 広島空港で買って羽田までのフライト中に読んだ。

    謎の解明にこりすぎているかんじで、
    最後の最後で飽きてきた

  • 途中の謎ときはさておき、、
    事件解決したと思わせ、終章×2
    実はxxxの関係者が、俺もあいつもと出て来る。。
    さすが東野圭吾!!

  • 父から借りたもの8

    『マザーグース』に隠された暗号。
    解決された問題がひとつじゃなかったのが面白かった。
    内容的には物足りなかったというか、あまりのめり込めなかった…。

  • この本をきっかけに、マザーグースの唄に興味をもちました。

    童謡なのに、なんか不吉な歌詞が多いような気がします…。
    どうしてでしょうね?日本にも、そういうのはありますけど。

  • 山荘にまつわる王道な暗号推理。主人公の女子大生で女性目線の心情が描かれていて、男に対する嫌味が多いです(笑)さすがのクライマックスの畳み掛けで、ドキドキした後ほんのり終わっていく。マザー・グースについては初めて知ったくちですが、暗号モノは好きなので楽しめました。

  • 女は強し、ね・・・

  • 2年前、1年前、今年と色々な事件が絡み合っていて読んでいて面白かった。

    マザーグースのロンドンブリッジから連想される人柱の番人という
    意味が最後に明かされるが、
    女の情念の深さが感じられて
    怖さを感じた。

  • マザーグースはただ童謡としか知らなかったんだけど
    そのマザーグースをヒントに謎を解いていくの。
    意外と残酷な童謡とかが多いんだって。
    思わず調べちゃったんだけど、600~1000以上もあるんだって。
    「ロンドン橋落ちた」とかは有名だよねやっぱり知ってるものが出てくると更に楽しめる。
    安定の面白さ。

全230件中 1 - 10件を表示

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)のその他の作品

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)に関連するまとめ

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする