寝台車の悪魔 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.42
  • (8)
  • (8)
  • (38)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 146
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334713546

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • '93.2読了。
    手放し本。

  • 女子校生と殺し屋の恋が切ない。

  • 赤川次郎という作家は,つぎつぎにいろいろなシリーズものを作る。
    それがまた売れる秘訣なのだろうか。

    それに比べて,西村京太郎は十津川警部が多い。
    山村美紗も苅守警部が多い。
    栗本薫もサーガが圧倒的。

    他の作家との大きな違いだろう。

    ○○の悪魔ははじめてなので,どきどきはらはらして読みました。
    旅行の最後に事件に巻き込まれた生徒達。

    香子という万能のお嬢さん
    旭子、由利子の3人組。

    ただし、寝台車の悪魔は、その知人の冬子が主人公。

    赤木かん子が解説を書いている。

  • 人の間違いをきっぱりと正す。
    それが身近な人であればあるほど、間違いは正してあげたいものです。
    それがどんなに言い難い事でも、それがどんなにその人の信じている事であっても。

    ただ・・・何が間違いかを判断するのがまた難しいのですが・・・。

    しかし、それを言うことにより、そこから意見の交換が生まれるだけでも、
    有意義なことであるとも言えるでしょう。

    それが原因で人間関係にひびが入ることもあるかもしれません・・・
    しかし、言わずに済ますことで、その人がより大きな傷を負うとしたら・・・

    余計なお世話との境目が難しいですね。


    そんなわけで、悪魔シリーズの2作目です。
    食事と囮が主な役割の主人公というのもめずらしい。

    ………

    「大崎っていったっけ」
    と、由利子は、ゆっくりと走り出すベンツへ目をやって、「医者だったわね、確か」
    「あれが犯人」
    と、旭子がしっかりと肯く。
    「どうして分かるの?」
    「直感」
    「旭子の直感じゃね」
    「何よ」
    「お腹空いている時と、そうでない時で、犯人が変わりそう」

    ………

    そんなこと書いて、私は余程人の間違いをキッパリスッキリ正しているようですが、
    あいにく私もそんな立派な人間でもなく・・・

  • 由利子、香子、旭子の第2弾。
    修学旅行の帰り、寝台車で。
    由利子が監禁された場所はごく普通の家庭、全ては会社のために。

  • とても活動的(普通じゃない)な女子高生3人組(たまに中学生1人が加わる)が、事件を解決するお話です。

    最初に読んだのは小学生のときです。
    ハマりました。これを読んでから本好きが目覚めた気がします。

    黒いペン、スクリーン、など他にも「悪魔シリーズ」はあります。
    全部好きです。

  • 悪魔シリーズ。

  • 殺人犯といっしょ?好きになっちゃったりもする?とにかくおもしろいです、

  • 電車の中で本を読んでいて、初めて乗り過ごすという経験をした時の一冊です。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

寝台車の悪魔 (光文社文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする