消える上海レディ (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
2.55
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334715076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013.8.15処分

    自分に瓜二つの上海レディが命を狙ってくる、という状況は面白かったが、オチがあまりにも偶然の連続で呆気に取られた。

  • 消える「水晶特急」に出てきた女性雑誌記者の2人が出てくるミステリー。吉敷刑事が出てくるかと楽しみにしてたのに少し残念。軽いお話なので短時間で気軽に楽しめる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

島田 荘司(しまだ そうじ)
1948年、広島県生まれ。武蔵野美術大学卒。
1981年、『占星術殺人事件』でミステリー界に衝撃的なデビューを果たして以来、累計600万部に達した名探偵・御手洗潔シリーズや、刑事・吉敷竹史のシリーズを中心に数々の傑作、意欲作を発表。
2008年、日本ミステリー文学大賞を受賞。
「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の立ち上げ、選考を務めるなど、新たな才能の発掘と紹介にも積極的に取り組み、名実ともに現代本格ミステリーの旗手となっている。
近著に『アルカトラズ幻想』(2012年 文藝春秋)、『星籠の海』(2013年 講談社)、『幻肢』(2014年 文藝春秋)、『新しい十五匹のネズミのフライ ジョン・H・ワトソンの冒険』(2015年 新潮社)がある。

消える上海レディ (光文社文庫)のその他の作品

島田荘司の作品

ツイートする