パリ発殺人列車―十津川警部の逆転 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334718077

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フランス・パリと日本の東京を舞台にした殺人事件。TGVの車内も描写され一度は乗ってみたい。想定した犯人を追い詰めていくが、最後に各国の警官との推理でどんでん返しがあったのが面白い。

  • 1997.2.5 初版7刷 514
    フランス・グルノーブルの世界警察官会議に、十津川警部らが招待された。各国の警官と親善を果たした帰途、パリ行きTGV(フランス新幹線)の一等車内で殺人事件が……。会議を後援した富豪大越専一郎の秘書松野ユキが、アメリカの刑事の盗まれた拳銃で射殺されたのだ。パリ―東京を結ぶ国際版トラベル・ミステリーの傑作。十津川警部の推理が冴える。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パリ発殺人列車―十津川警部の逆転 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする