三毛猫ホームズの犯罪学講座 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.31
  • (3)
  • (3)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334719005

作品紹介・あらすじ

F学園大学の裏手にある女子学生会館の非常階段から男子学生・春日が墜落死した。その夜、警視庁の片山刑事の自宅に「春日は殺された」という不審な電話が。翌日、片山は課長の代役で、なんとF大で三日間の特別講義をするはめになる。その二日目、議義の最中に、天井から鎖でつるされた女の子の死体が下りて来て…。三毛猫ホームズが女子大を舞台に名推理。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • F学園大学の裏手にある女子学生会館の非常階段から男子学生・春日が墜落死した。その夜、警視庁の片山刑事の自宅に「春日は殺された」という不審な電話が。翌日、片山は課長の代役で、なんとF大で三日間の特別講義をするはめになる。その二日目、議義の最中に、天井から鎖でつるされた女の子の死体が下りて来て…。

  • 読書録「三毛猫ホームズの犯罪学講座」3

    著者 赤川次郎
    出版 光文社

    P13より引用
    “そして……車の屋根がみごとに凹んで、そこから人間の両足が
    ぴょんと突き出ているのが、何だかこっけいな感じだった。”

     目次から抜粋引用
    “秋の夜長に
     頬の涙
     大人の時間
     男の顔
     窓”

     警視庁捜査一課の刑事とその妹、そして三毛猫ホームズの3人家
    族を主人公とした、長編ミステリー小説。人気シリーズ第20弾。
     ささいな言葉のアヤで喧嘩となった大学生のカップル、彼女の
    忘れ物を渡そうと男が車から出たその時…。

     上記の引用は、冒頭のシーンの一文。
    こういう描写を読んで思い出すのは、犬神家の一族かと思います。
    人が逆さまになって、上半身は突き刺さっていて脚だけが天を向
    いている描写は、日本ではいつまでも犬神家のあれと言われ続け
    るのかなぁと思いました。横溝正史氏の業績の大きさを感じます。
     今作は他の同シリーズと比べると長く、より長編らしい作品と
    なっています。それでも気持よく読み進められるのですから、途
    中で疲れることはないのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • (メモ:中等部2年のときに読了。)

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

三毛猫ホームズの犯罪学講座 (光文社文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする