特急「あさま」が運ぶ殺意 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334720858

作品紹介・あらすじ

「この子をお願い…」特急「あさま」で幼児を連れた小田ゆみ子は、隣席の北条早苗刑事にそう言い遺して毒死した。一カ月前に事故死したゆみ子の恋人の実家、小諸随一の料亭・日暮亭を訪ねる矢先だった。ところが、日暮亭には婚約者を名乗る女性が先着していた。事件を追う北条刑事。さらに十津川警部に謎の電話が…。裏切り、そして憎しみを乗せて、列車は驀進する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編四話。

    標題(収蔵単行本名)
    特急「あさま」が運ぶ殺意
    北への列車は殺意を乗せて(JR周遊殺人事件)
    SLに愛された死体(十津川警部SLを追う!)
    北への危険な旅(十津川警部捜査行 殺意を運ぶリゾート特急)

    『特急「あさま」が運ぶ殺意』は、義父母に子供をつれていく親子。
    早苗刑事は、母親の言葉を信じて,行動する。
    殺人事件の犯人探しと本当の孫は誰かを探す二重の推理小説。

  • 1999.11.20 初版8刷 514
    「この子をお願い…」特急「あさま」で幼児を連れた小田ゆみ子は、隣席の北条早苗刑事にそう言い遺して毒死した。一ヵ月前に事故死したゆみ子の恋人の実家、小諸随一の料亭・日暮亭を訪ねる矢先だった。ところが、日暮亭には婚約者を名乗る女性が先着していた!?事件を追う北条刑事。さらに十津川警部に謎の電話が……。裏切り、そして憎しみを乗せて、列車は驀進する。
    特急「あさま」が運ぶ殺意・北への列車は殺意を乗せて・SLに愛された死体・北への危険な旅

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

特急「あさま」が運ぶ殺意 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする