眠れぬ夜に読む本 (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
3.35
  • (21)
  • (29)
  • (84)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 447
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334722876

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昼間に読んだ。

  • 芥川賞作家である遠藤氏のエッセイ。期待して読み始めたが、読み進める内に、癇に障っている自分がいた。著者の自慢話じゃねぇか、こりゃというのが率直な感想である。私はこんないい趣味を持っていますよ、こんな人と知り合いなんですよ、こんないいホテルや旅館、食べ物屋を知っていますよ、こんないい土地や場所を知っていますよ、という年寄りの自慢話寄せ集め集である。語られる内容自体には、共感できる事が多いし、ああそれはいい趣味ですよねぇと思うのだが、語られる手法が僕好みではないのだろう。やんわりした言葉遣いの文章の中に、スノッブ的自慢話が滲み出ている。陰険というか狡猾というか、いかにも古い時代の作家という匂いがするし、こういう年寄りっているよなぁと思ってしまう。

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

眠れぬ夜に読む本 (光文社文庫)のその他の作品

眠れぬ夜に読む本 単行本 眠れぬ夜に読む本 遠藤周作

遠藤周作の作品

ツイートする