くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社文庫―光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
4.06
  • (8)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334723774

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 親子それぞれ互いの命を狙いー不動坊火焔
    亡くなったはずの主の遺体のかわりに通夜に来た男がー天狗起し
    見世物小屋の太夫の太ももに不気味な予言がーやれ突けそれ突け
    山奥の女魔術師が道楽者たちに見せた夢ー南蛮大魔術
    自身番所から落ちた男は死んでいたー雪もよい明神下
    壊された羽子板に描かれた役者たちが死んでゆくー春狂言役者づくし
    発見された死体はすでに昨日死んでいたー地口行燈
    なめくじ長屋の砂絵描きのセンセーが鮮やかに謎を解き明かす短編集。

    時代の違いもありましょうが「おぉ!そういうことか」とうなってしまうミステリ集。
    当時の常識なんかがわからないので幻惑されても仕方ない。
    江戸の風情が細かく描かれていてそういう部分がとても素敵。
    鮎川哲也氏がある本のあとがきで【本格ミステリの名著」として挙げていた本です。
    これ、シリーズの第2弾なんですね。
    貧乏長屋の猥雑さとかいい感じです。
    第2弾だったので登場人物たちの人となりが最初はわからなくて入って行き辛かったのでやはり第1弾の「ちみどろ砂絵」から読むべきだったかも。
    しかし、探偵役である「センセー」の仮説の組み立て方が鮮やかで、ほんとこのセンセーってどういう出自の人なんだろって興味津々です。
    第1弾を読もうっと。

  • (収録作品)不動坊火焔/地口行燈/春狂言役者づくし/雪もよい明神下/南蛮大魔術/天狗起し/やれ突けそれ突け
    日本推理作家協会賞候補(1971/24回)

  • 天才です。

  • [北村薫さんが解説を書いている]
    解説 神様と早呑み込みの迷惑な愛読者 北村薫

  • シリーズ第二作目

  • 砂絵シリーズ第2弾。

    前作に登場したイブクロがセンセーの仲間に。
    下駄常もすっかりセンセーに頼りっぱなし?(笑)

    江戸時代の短編ミステリです
    うーーん、センセーの容姿はこのイラストなのかな…
    もうちょっと私のイメージが違います(笑)

    もしドラマ化になったらちょっと若い時の高橋英樹さんが良いかな??

  • 「なめくじ長屋」シリーズ第二弾。

    個性的な「なめくじ長屋」のメンバーに、さらに一人「イブクロ」を加え、金になりそうな事件を見つけ出しては解決し、ちゃっかりとお金を稼ぐ。
    「正義」のために解決するのではなく、乞食としての彼らが自らの芸を武器に事件を解決していくところが現代のミステリとは違うところか。

    現代との違いといえば、江戸時代らしい怪異を持ち出した事件が多いながらも、きちんと論理的に謎が解かれていく様が圧巻。
    身分の低く、決して物理的に満たされているとは言えない長屋の住人たちであるが、その個性と愉快なキャラクターによって、また江戸のからっとした雰囲気によって楽しい気分で読める。

  • よく続けてシリーズ物を読むと、似たような話が鼻についたりすることもあるけれど、このなめくじ長屋シリーズは大丈夫だなぁ。
    毎度ちょっと変わった事件に、センセーお知恵拝借、と十手持ちがやってくる。
    ただの人助けじゃなくって、ちゃんと礼金を受け取るところも、キレイ事に感じないところなのかな。

  • なめくじ長屋シリーズその二

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1929年東京都生まれ。10代より様々な筆名で小説を発表。〈EQMM〉初代編集長。2001年、『推理作家の出来るまで』で第54回日本推理作家協会賞、02年、第6回日本ミステリー文学大賞受賞。03年没。

「2015年 『不思議の国のアリス ミステリー館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

くらやみ砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ (光文社文庫―光文社時代小説文庫)のその他の作品

都筑道夫の作品

ツイートする